« システム化 | トップページ | ビルドって聞くとF7の方が浮かびます »

2014年2月12日 (水)基礎の基礎

おはようございます。

寒い!!寒い!!shock
あまりにも寒いので、休日は厚着で一歩も部屋から外に出ない
プログラマーのG.Iです。


最近ですが、仕事でゲームエンジンに関して勉強することがありました。
ゲームエンジンといえば、最近は色々ありますが、特にUnityやUnreal Engineなんかが有名ですよね。
ちなみに今業界を目指しているプログラマーで、ゲームエンジンってなんだ??となった人は
絶対に勉強することをおすすめします。
これからのゲーム開発では少なからず知識が必要になると思いますので。

勉強している時にすごく感じたのが、自分でもこういったゲームエンジンを作ってみたいということでした。
もちろん、ちゃんと作るには結構なお金と時間をかけないと無理なのはわかっているのですが、
これがプログラマーの性というやつですかね。どうしても作りたくなってしまいました。
というわけで、休日に簡単なフレームワークを始めから組んでみることにしました。
フレームワークは単純にプログラムライブラリや補助関数の集合体に近いので、
一般的なゲームエンジンとはちょっと違いますが、一人でつくるしまあいいかhappy01っていう感じです。


いつかはこのフレームワークがエンジンに成長することを夢見て!!!


基本処理から、ポリゴンを描画するところまで一応作ったのですが、
色々な部分を忘れていて想定よりも時間がかかってしまいました。。
というのも最近の仕事では、社内のフレームワークや既存のゲームエンジンを使用していたので、
システムの基礎の基礎に触れる機会はすごく少なかったからだと思います。

これは、おそらくほどんどゲームプログラマーがそうではないでしょうか?

ですが、このように始めから作ることで、新しく閃いたり、また自分が使用しているエンジンやフレームワークの仕組みを基礎から理解することができるかもしれません。

私の場合だと、その簡単なフレームワークをマルチスレッドにした場合にどういった問題があるか、複雑なマテリアルを割り当てる場合にはどうすべきか、汎用性のあるタスクオブジェクトを作るには最低限どういった要素が必要か?
など色々考え、簡単ではあるけれども実装することにより、非常に勉強になりました。

また、逆にはじめに言ったような他のゲームエンジンはそれらをどう解決しているのか
を考えることによりさらに勉強になります。

全てのエンジンが同じ思想での設計をおこなっているわけではありませんので、
それぞれが自分の引き出しの一つになれば、ゲームプログラムにおいて非常に強い武器になります。

この話で、ギグっと感じたプログラマーは暇な時間などにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/02/post-ff68.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« システム化 | トップページ | ビルドって聞くとF7の方が浮かびます »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/59106432

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎の基礎:

« システム化 | トップページ | ビルドって聞くとF7の方が浮かびます »