« 春ですね | トップページ | ローリスクハイリターン »

2014年4月 9日 (水)錯視3Dモデル化

おはようございます。CGデザイナーのW.Nです。

錯視のテーマでいろいろとお送りしてきましたが、前々から代表的なだまし絵3Dモデルで作ってみたかったので作成してみました。

3Dモデルと言っても、このブログにアップする際には2Dになっていますので、あまり説得力はありませんが、取りあえず。


シンプルな図形でよく見るのが、

これとか

2014_0408_01

これとかですよね。

2014_0408_02_2

ちなみに上の三角形はエッシャーを連想しますが、発案者は数学者のロジャー・ペンローズ。「ペンローズの三角形」


いずれも基本的には並行投影投影で成り立っていますが、下の図はパース付きで作ってみました。

2014_0408_03

作り方は単純明快。
カメラの画角とアングルを決めたら、手前に描かれている邪魔なポリゴンをナイフツールでカットしているだけです。(2Dでの画像処理はしていません)



あれ? 息抜きで作ってたのに頭が疲れてきた・・・
うぅ・・・描画優先バグを思い出した・・・sad



今回はこれにて。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/04/post-a178.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 春ですね | トップページ | ローリスクハイリターン »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/59436196

この記事へのトラックバック一覧です: 錯視3Dモデル化:

« 春ですね | トップページ | ローリスクハイリターン »