« おれ…このブログアップしたら…お花見行くんだ…_(83」∠)_ | トップページ | 春ですね »

2014年4月 7日 (月)カメラの話です(ホラー編)

おはようございます。桜が満開ですね。cherry
素敵やん。モーションデザイナーのS.Mです。

まだまだカメラワークの仕事もちらほらやっております。
というわけで、今回は前回ちらっとご紹介した、ホラー作品等に使用される
カメラワークについて
一部ご紹介したいと思います。movie

ベタなものからいくと、間違い探しみたいな手法があります。
例えば、何気ない日常のカット、そこにワンアクションをいれる
登場人物が物を落としたり、誰かに呼ばれたりと不自然じゃないアクションで
一度カットを変える、そして初めと全く同じカットに戻すと、誰もいなかった
空間に人が立っている…。邦画のホラー等ではよくみられる手法ですね。slate
これはベタですが、効果的に観客を怖がらせることができます。
気をつけなきゃいけないことは、前振りをばれないようにすることです。
よくみる手法なだけに、自然なカットにしないと観客にはすぐにばれてしまいます。

もうひとつ、なにもない空間をただみつめるカット
音がしたり、登場人物だけが何かに気付いたような演技をさせて、
まず登場人物が何かをみているカットをみせます。次に何もいない空間をみている
カットをただじーっとみせます。eye
これだけでなにかがでてくるんじゃないかと思わせ、観客の緊張感を高めることができます。
カメラ移動時にたまに障害物等で視界を遮ると、また緊張感を高める事ができるようです。

このような手法をカットを工夫したり、他の手法と掛け合わせたりして、演出を組んでいくわけです。
次にホラー映画等を鑑賞する際にぜひ気をつけて見てみてください。それでは!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/04/post-daa6.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« おれ…このブログアップしたら…お花見行くんだ…_(83」∠)_ | トップページ | 春ですね »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/59409419

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの話です(ホラー編):

« おれ…このブログアップしたら…お花見行くんだ…_(83」∠)_ | トップページ | 春ですね »