« 昔から言われていることはやっぱり今も大事 | トップページ | 最悪のバーベキュー »

2014年5月15日 (木)具体的な具体性の話

どうも皆様お世話になっております、プランナーのY.Sでございます。
僕もこの業界に入ってもうじき3年になりますが
そろそろ『新人』の肩書きを下ろして『若手』と呼ばれる頃かな、と思います。
具体的な仕事の内容もだいぶ理解してきたので、このまま順調に経験を
積んでいければと思っております。

さて、今「具体的に」と言いましたが、僕は最近、仕事に対して
この「具体性」の重要さを痛感しております。

一言に「具体性」と言っても
・仕様の具体性
・スケジュールの具体性
・目標の具体性

などなど…他にも多分色々ありますが、パっと思いつくのはこんな感じでしょうか。

仕様の具体性についてですが、例えばプランナーがキャラのモーションを発注する際
「なんか面白い動きをさせてください」なんて言えば最悪殴られます。
いや、殴られはしないですが、それに近い形にはなります。
「具体的にどういう動きか?」「その動きにどういう面白さがあるのか?」
そこまで検討して初めて『仕様』です。具体性の無い仕様は仕様ではありません。

スケジュールの具体性も重要です。
「このバグは近いうちに修正します」なんてものはスケジュールとは言えません。
「修正に何時間かかり、何月何日に完了する予定なのか」
ここまで具体的に出さなければ確実にスケジュールは遅れていくでしょう。

目標の具体性ですが、これは「今月の目標」とか「今年の目標」とか、
もっとマクロなところで言えば「将来の目標」とかそういうのです。
具体的な「目標」を決めることでそれを実現するために必要な作業などが
見えてきます。

具体性を欠いた仕事はしばしば「テキトー」に見られてしまいがちです。
「何事も具体的に」を心がければ、自然と仕事の質が上がるように僕は思います。

まぁそんな感じで、今回は具体性についての具体的なお話でした。(うまい)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/05/post-e3b8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 昔から言われていることはやっぱり今も大事 | トップページ | 最悪のバーベキュー »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 具体的な具体性の話:

« 昔から言われていることはやっぱり今も大事 | トップページ | 最悪のバーベキュー »