« 物の考え方 | トップページ | MOBAを通しての交流 »

2014年8月12日 (火)フィギュア展示会場

おはようございます、本日当番のプランナーM・Tです。

先日、友人と京都へフィギュアの展示会場へ行ってきました。

展示会場の中に入ると、その会社が作った
初期のフィギュア(ソフビ?)~最近のフィギュアまで
一つ一つ光の当て方から、配置まで非常に凝っていて
まるで、美術品を展示しているかのように飾ってありました。
普段販売しているフィギュアが配置や飾り方一つで
こんなにもアーティスティックになるなんて、少し感動です。
(ちなみに中は撮影禁止で写真を撮ることが出来ませんでした…

他にも、造形作家さん一人一人のブースもありインタビュー映像が
常に流れてました。
そこでは、造形作家さんが造形に対する思いを熱く語っており、
仕事に対しての熱い情熱や強い信念、何よりそれが好きでないと
こんなにもの素晴らしいフィギュアは作れないんだと感じました。

これはデザイナーだけでなくプランナーにも言えることで、
仕事に対しての熱い情熱や強い信念は当然のことですが、企画対象が
好きでなければ面白い企画は生まれてきません。


余談ですが、専門学校時代自分の好きな版権や好きなネタを膨らませて
企画を立案するときは考えるのが楽しかったです。
理由としては、自分がその版権の良い所を知っているし、自分が好きだからこそ
変な企画にしたくないという思いがあったからです。
今思い返せば、"愛"に満ちあふれていたんだと思いました

どんな仕事でも"愛"が大切なんだなぁ~と思い返しながら、
休日をリフレッシュしてきました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/08/post-2826.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 物の考え方 | トップページ | MOBAを通しての交流 »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア展示会場:

« 物の考え方 | トップページ | MOBAを通しての交流 »