« 素直を知ること | トップページ | 前段階 »

2014年10月23日 (木)「レッテルを張る」ということは

こんにちは。本日当番の新人プランナーのT・Wです。


もう11月に入ろうとしているので、日に日に寒くなってきています。

そのため、そろそろ冬物の服が必要になると買いに行ってきました。

お金に余裕が無いので服にかけられるお金は約1万円ほど…

その中で低価格高デザインのものを購入したいと思い
友人に聞いてみると古着屋に行く事を勧められました。

今まで、古着=中古という印象があったため避けていましたが
友人の勧めということで、一度行ってみることにしました。


いざ行ってみると、デザインの良いものが多い!値段も全体的に安い!
というものばかりで驚きました。

今まで自分の中で中古の服=あまり良くないものというレッテルを張っていたため
このような良いものを見逃していたのだと痛感しました。

この「レッテルを張る」ということは、誰しもが無意識にしている事が多く
自分では気づきにくい部分だと思います。

しかしレッテルを張りすぎていると不意を突かれたり
予期せぬ損を招くことがあります。

例を言うと、とある物語の悪役のセリフで
「なんでこんな奴なんかに…」と言ってやられるシーンがあります。

この場合、「こいつは大したことない」「自分に勝てるわけがない」という
レッテルを張っていたので、「こんな奴」にしてやられてしまっています。

このような事になってしまう可能性があるので
レッテルを張るという行為は危険性があると思います。

特にプランナーは、様々なことを経験して学んでいかなければならないので
レッテルを張っている事や物があるのであれば
無くしていけるように考えて行動する必要があると考えています。

ですので、自分でレッテルを張っていると気づいたときは
一度自分の中で、はがしてみようと試みてはいかがでしょうか?


ちなみに今回は1万円でズボン×2、Tシャツ×5、上着×3を買うことができました!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/10/post-8365.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 素直を知ること | トップページ | 前段階 »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レッテルを張る」ということは:

« 素直を知ること | トップページ | 前段階 »