« 某スマホアプリのギルドもぼっちです(・ω・)ぼっちマイペース。 | トップページ | 最近の出来事 »

2014年11月12日 (水)カメラの話改めカットの話(時間経過)

おはようございます。寒くなってきましたね。
食欲の秋派のモーションデザイナーのS.Mです。

つい先日、嵐山に紅葉を見に行ってきました。
まだまだあまり紅くなっていませんでしたが、嵐山の自然に癒されてきました。
思ったより勢いのあるトロッコ列車に乗ったり、茶屋でお茶もしばいてきましたよ。
楽しい休日はあっという間に過ぎますね。

というわけで、多少強引なつながりですが、カメラの話、4回目のテーマは「時間経過」です。
タイトルでも記述したように、カメラワークに限らず演出・映像編集の話もしたいので
タイトルを改めます。

では時間経過を表現する方法をいくつか紹介していきます。


まず初めに、時間に関係する小道具を使う手法。
時計の針の進み方、カレンダー、砂時計が変化するカットをみせて時間経過を表現します。
かなりベタですが、タイムスリップ、爆弾解体、手術の待合室などの場面ではよく使われます。

オーバー・ラップを用いた手法。
オーバー・ラップとは一つの画面を消しながら、重ねて次の画面を映しだす映像編集技法です。
マラソン開始の走り初めカットから、息を切らしてふらふらに歩いてるカットにオーバー・ラップ
すると長距離走ったという時間の経過がわかると思います。

フェード・イン、アウトを用いた手法。
フェード・イン、アウトとは暗転のことです。
意識を失いそうな男のカット、その男の主観の映像、瞼が落ちていくのを映して、
映像が暗くなる(フェード・アウト)、再び主観で周りが明るくなり(フェード・イン)、
男が目を覚ますカットを入れると、男が意識を失った時間の経過を感じると思います。
この時フェード・イン、アウトの前後で映す画を変えるか、ものの状態変化をみせることが
必要です。場所が変わっていたり、食べ物が空になっていればわかりやすいですね。


他にもまだいくつかあるのですが、それはまた次回にご紹介したいと思います。
今日ご紹介したものはまた、映像作品を観られる際に気をつけて観てみて下さいね。
それではまた!
follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2014/11/post-3e80.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 某スマホアプリのギルドもぼっちです(・ω・)ぼっちマイペース。 | トップページ | 最近の出来事 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラの話改めカットの話(時間経過):

« 某スマホアプリのギルドもぼっちです(・ω・)ぼっちマイペース。 | トップページ | 最近の出来事 »