« 小さい面倒は、大きい面倒に隠して見えなくすると良い(-ω-)+ | トップページ | たまの休息 »

2015年5月15日 (金)カットの話(時間経過その3)

おはようございます。
GWは四国にうどんを食べに行ったモーションデザイナーのS.Mです。

前回のブログは時間経過のカットの話をしましたが、時間経過で思い出したので、
今回は撮影技法のひとつ「タイムラプス」についてご紹介したいと思います。

「タイムラプス」とは
長時間の現象を短い時間で短縮して見せる撮影技法です。
作成方法は、デジタルカメラ等で一定間隔で連続撮影した静止画を、パソコンのソフト上で
組み合わせて動画にします。

カメラでいうと低速度撮影、カメラの回転速度を低くして、撮影するコマ数を30枚/秒より少なく
して撮影すると同様の効果がでます。

この撮影技法が使用される例をあげると、花が開花する様子や町の人の流れ、建造物が完成しく様、
天候の変化、バラエティーで芸人が作業する様子等、長い時間かかるものを高速で再生する映像がありますよね。
そうつまりあれです。「タイムラプス」は幅広いジャンルで使用されています。

この手法を使えば、前回紹介した「インサート法」や「カットバック法」のように
多くのカットを挟まなくても、1カットで時間の経過を表現することができます。
最近のおしゃっれーな海外ドラマでも場面転換するときによく見かけますよね。

時間の経過を表現するなら、ビルの明かりが灯っていく様子とか、空を映して雲の流れる様や、
太陽が沈み星が見えてくる様子を高速で見せると効果的です。

このようにフィルム、ビデオ映像に対して美術、光学処理などにより特殊な視覚効果を施し、
通常ではあり得ない映像を作り出す撮影技法をSFX(特殊撮影)といいます。
有名なところでいうと○トリックスで有名なバレットタイムがあります。

CGなどの技術の進化に伴って、SFXも増えて表現の幅は広がってきています。
ゲームの分野でももちろん、このような技術は多く取り入れられているので、
また追々ブログでご紹介していきたいと思います。

撮影は大変ですが「タイムラプス」もPCさえあれば個人でできるので、
興味をもたれた方はぜひお試しください!それではまた!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/05/3-0e29.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 小さい面倒は、大きい面倒に隠して見えなくすると良い(-ω-)+ | トップページ | たまの休息 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カットの話(時間経過その3):

« 小さい面倒は、大きい面倒に隠して見えなくすると良い(-ω-)+ | トップページ | たまの休息 »