« モーションとクロッキー | トップページ | 東京インディーフェス2015 »

2015年5月 8日 (金)引き出しの中のタイムマシーン

最近の猫強えぇ。手に負えねぇ。
おはようございます。本日の当番、ハム大好きモーションデザイナーのK.Cです

先日、ネット徘徊中気になる記事がありました。
【2015年新入社員は"仕事<私生活】
ん?私が新人だった2○年前も言われましたぞ?
…っつーか毎年言われてませんかね?コレ。
エジプトの遺跡で発見されたと噂される「この頃の若い者は~」
と同じ匂いがします。

ただ、アニメ/ゲーム業界に関して言えばこれが若干異なります。
好きが高じて職業とした人が多く、【仕事=私生活】と言う人も
少なくありません。

そこで今回のブログは【仕事=私生活】について
…と、素直に書いたのでは面白くないので、
この逆の話。
【私生活=仕事】
について書いていきたいと思います。
正確には
【私生活=仕事(勝手になってた)】
です。

皆さんも良く聞くと思いますし、ここの過去のブログにもたまに登場する言葉
「ひきだしをふやせ」
端的に言うとこの話なのですが、
とは言うものの、
何か得るものぉ!何か得るものぉぉ!
と意識しまくりで見る映画程つまらんものは無いです。
まず何事も普通に楽しんで、何が面白かったか。何がカッコ良かったか。
はたまた何が興味をひいたか。
それらを思い出として心の引き出しに乱雑に入れておきます。

ところで、アニメやゲームのモーションなどはいろんな
デフォルメ表現の宝庫です。
モーションキャプチャーが容易に編集できるようになった昨今でも
手作業のデフォルメ表現は必要となっています。
作品を見てる時、お!この表現いいな!って感じる瞬間があると思います。
それはキャラの芝居やそのタイミング等で何らかのデフォルメ表現が
なされていることが往々にしてあるのです。

そういう時こそ乱雑に放り込んだ引き出しを開けてかき混ぜてみましょう。
スロー再生やポーズ機能を使い自分で分析。
あの時カッコいい!と思ったのはこういう表現されてたからかもなぁ。
あのポーズに目が行ったのは動きをこの辺に詰めていたからだな!(多分)
等々と、引き出しの中のものを自分勝手に答え合わせをしていきます。
そうやって「なるほど!」と自分なりに合点が入った(整理できた)もの
だけが仕事で活かせるピースとなります。
まぁたとえそれが間違った解釈だったとしても自分の考えの芯は通っている
ので先輩達から指摘された時に言い訳なく、
あ。あの解釈って違っててこういう解釈だったんだ!
っと素直に軌道修正出来るようになります。

目から鱗を落とすためにはまず鱗を纏おう!って感じ?
んーと、言葉にするの難しい。
でもこういう事を癖付けておくと、
たまに、この表現とこの表現の根本は同じ見せ方かぁ!
なんてのにも気付くことあって面白いんすけどね。

あ。そーそ。話は変わりますが、今回のブログ書いててで思い出しました。
昔子供のころに聞いていたラジオ番組の相談コーナーで
某大手ゲーム会社人事担当者に対し、将来入社希望の学生さんが相談した
「○○○に入社するには、学生時代にどんなことを勉強すれば良いんですか?」
その返しの言葉が【素敵】でした。
「私共の会社に入るには特別な勉強は必要ありません。
 まず学校生活をおもいっきり楽しんでいろんな事にチャレンジしてください。
 その中で光るものを沢山集めた人が弊社に就職出来る条件を
 満たした人だと思います」

多分今回書いたブログと似たような話だったんだなと今なら思います。

そんな【素敵】な業界人に私もなれているだろうか?
いやなれてないっ!(反語&断言&即決)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/05/post-4c1f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« モーションとクロッキー | トップページ | 東京インディーフェス2015 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き出しの中のタイムマシーン:

« モーションとクロッキー | トップページ | 東京インディーフェス2015 »