« 人に対する物事の伝え方 | トップページ | クロッキーって難しい(>_<) »

2015年7月10日 (金)食べ物を美味しそうに描く

おはようございます。本日の当番、デザイナーのM.Mです。
 
先日の休みに友達とケーキを食べに行きました。
 
2015_0709_01_2
 
食べに行ったといっても、遊びに行った帰りに立ち寄っただけなのですが、
苺やベリーソースの甘酸っぱさとクリームの甘さが程良くて
とても美味しかったです。
 
私は、後で絵に描くために、食べに行ったところのデザートなどを
よく写真に撮ったりするのですが、いざ描こうとすると難しく感じます。
 
イチゴやゼリーでコーティングされた部分などのテカリ方などの艶だしや、
ふわふわとした部分の表現など、素材部分の描き分けができていないと
それらしく見えないですし、なにより、配色に気を使わなくてはなりません。
 
例としてはクリームの影などです。
学生時代にやってしまったことなのですが、影ができる場所だからと
安直に明度の下げた色をおいてしまい汚く重い感じのクリームが
できてしまったことがありました。
 
また、青や紫などの食欲をそそらない色をおいてしまい、
食べ物らしさが消えてしまったこともありました。
 
他の食べ物でも同じで、配色が悪く汚い色味をおいてしまうと
一瞬で美味しくなさそうな食べ物が出来上がってしまいます。
 
このように、食べ物ほど配色に頭を使うものは無いのです。
 
 
「食べ物を美味しそうに描く」
 
 
簡単なようでとても難しいことですが、このことを追及していくと
とても絵の上達の近道になると思います。
 
ただの食べ物、されど食べ物。
食べ物を描くだけで、色使いや質感の描き分けなど
いくつか自分の課題が見つかると思いますよ。
 
 
学生の皆様は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?
follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/07/post-9725-1.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 人に対する物事の伝え方 | トップページ | クロッキーって難しい(>_<) »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物を美味しそうに描く:

« 人に対する物事の伝え方 | トップページ | クロッキーって難しい(>_<) »