« やれるうちにやれることを・・・ | トップページ | Illustratorの小ワザちょこっと紹介 »

2015年8月12日 (水)模倣から創作へ

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのS.Mです。

先日、京都市立美術館で開催されたルーヴル美術館の
特別展に行って参りました。

主に16世紀から19世紀にかけてのヨーロッパの
風俗画が展示されていました。

モチーフの緻密さ、そして人物の表情や生活感を巧く描写しており、
人間味を強く感じられる作品が多かったです。

今まで画集でしか、見られなかったティツィアーノムリーリョ
フェルメールの実物の絵を鑑賞する事が出来ました。 

感無量です…!

良い作品に触れる事によって、創作に対するモチベーションを
上げることが出来るので、なんか作品を作るのがダルいな~、
と感じたり、スランプに陥っているデザイナーや絵描きの方には
絵画鑑賞をオススメします。

でも、いざ絵を描こうと思っても、なかなか形にできないところが
創作の難しいところ…
さて、どうすれば良いか。

「とにかく絵が上手くなりたい!」

と、自分の作品の向上を目指してがむしゃらに描くのも良いですが、
目標が漠然としたままだとなかなか続かないものです。

まず、自分が好きな作品をはっきりとさせて、

「この人の作品のような絵を描きたい!」
と明確な目標をたてることが大切です。

要は好きな作家の作品を真似る事です。

そうすればどのように絵を描いていけば良いかおのずと分かって
くるはず。

好きな作家の画集や作品集を買い集めて、常に作品を鑑賞できる環境を
作り、絵を描く時もその作家の作品を観て、どういった手順と手法で
描けばその作風に近づけるかを研究する事です。

作品を真似て、自分なりの絵の描き方を模索していけば、真似事から
自分自身の技術として身になって、立派な創作物に昇華されると思います。
俗にいう技を盗むってやつです。

ルーベンスダヴィンチの模写を、ゴッホミレーの模写をしてる
わけですから、クリエイターにとって良い作品を模倣する事は
創作の第一歩ともいえるはずです。

真似事が良いといっても盗作や贋作と履き違えたらダメダヨ。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/08/post-8802.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« やれるうちにやれることを・・・ | トップページ | Illustratorの小ワザちょこっと紹介 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 模倣から創作へ:

« やれるうちにやれることを・・・ | トップページ | Illustratorの小ワザちょこっと紹介 »