« 再現 | トップページ | Let's keep in touch with English! »

2015年10月19日 (月)COCOROをリラックス

おはようございます、CGデザイナーのH.Iです。

最近、就職活動イベントに参加する事が増えてきました。
先日も、大阪コミュニケーションアート専門学校様主催の就活イベントに参加して
きまして、多くの方のポートフォリオを拝見させて頂きました。
そんな中、こんな質問をする学生さんがいました。

こういう業界で心が折れたらどうやって立ち直ればいいですか?

その学生さんの作品は3年制の2年生という事もあり、まだまだ勉強する必要があるなと思う作品でしたので、色々とアドバイスを行いましたが、ちょっと心が折れかかったのかな?(汗)

僕が学生のころは、課題に追われる毎日で制作物に対して先生方や同級生に褒められる事や酷評される事もありました。
確かにへこんでしまったこともありましたが、言われた内容は正しいなと思って修正してました。
そしたらやっぱりクオリティーアップに繋がった覚えがあります。何せ、8年前の記憶なのでうろ覚えではありますが。

仕事をし始めてからもやはり同じで、厳しい意見を言われる時がありました。
そして叱られる事もしばしば・・・。
でもやっぱり内容は正しかったのです。修正する事でより良くなり自分ひとりではできなかったことへの悔しさを胸に潜めつつ、商品化を目指して作業をしていました。

これまで何度も叱られ、激励され、培ってきた経験から思うに

『言われるうちが華』

だなと思います。

言われているうちは、言っている人も成長してほしいから言っているわけでただの罵詈雑言ならやっぱりどこか的外れな意見だったりします。
それを見極めるのは本人なわけですが、『言われるうちは華』だと思って、怒られたり厳しい意見を言われたりした場合は、俺ってまだ伸びるんだ!と思って活動して頂きたいと思います。
そうすれば、今伸び悩んでいる人でも成長して、きっとレベルアップに繋がるのではないでしょうか。

因みに心が折れた場合どうするのか?という答えですが、僕の場合は一旦、家に帰って寝ます。

はい、要するにふて寝です(笑)

その瞬間にモチベーションの維持が難しい場合はいつもこうしています。
ただ、そうも言っていられない状況というのももちろんありますのでその時はやるっきゃないと思ってやります。

学生の皆さんも、心が折れたりした場合は、無理をせず家に帰ってリラックスしてみては如何でしょうか?
意外と次の日の作業効率がアップするかもしれません。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/10/cocoro-4617.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 再現 | トップページ | Let's keep in touch with English! »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COCOROをリラックス:

« 再現 | トップページ | Let's keep in touch with English! »