« ファーストデー | トップページ | 応募作品のススメ »

2015年11月20日 (金)人間が楽して、コンピュータに反乱されるのが正義①

おはようございます。sun
本日の当番、日々、如何に楽になるか考える事が使命のプログラマーのM.Oです。

 

ゲーム制作では、大量のアセットを作成する事になります。
特に近年では表現力が上がった事でその傾向がより顕著です。
とてもじゃないですが、それらを全て人間の手で作るのは厳しい状況にあります。

 

というわけで、世の中の偉い人が考え、効率を考えて上手く実装されている技術、『プロシージャル技術』について、自分なりに実装してみようと考えました。
業務でやった事があるものは色々しがらみがありますので、話せませんが、今までやった事が無い、作曲をターゲットに作成してみます。

 

まず、作曲ってどういったものかを、センスによらない、なんちゃって理論的な所から調べます。
理由としては、何かを作る際はその対象を分析する必要があるからです。
【なんちゃって】なのは、いきなりガッツリ作れるほど知識が無いからで、【センスによらない】のは、センスをプログラム化するにはセンスがいる!?という本末転倒な話になるからです。
また、【理論】であれば手掛かりとしては望ましいと思われます。

 

ちなみにプロシージャル作曲については昔から行われており、探せば色々文献が出てきます。
次回は、コード進行について書こうと思います。
follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/11/post-5fd4.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ファーストデー | トップページ | 応募作品のススメ »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/62711988

この記事へのトラックバック一覧です: 人間が楽して、コンピュータに反乱されるのが正義①:

« ファーストデー | トップページ | 応募作品のススメ »