« ゲームは面白い方に軍配!! | トップページ | 展示品から読み取る作り手の思い »

2015年11月10日 (火)機械が壊れたり、体が壊れかけたり。

おはようございます本日の当番、CGデザイナーのJ.Sです。

つい先日、自宅のPCにつなげて使っていた無線キーボードが壊れてしまう事件が有りました。
休日の夜にネットサーフィンしていたところ、急にキーボードの反応が悪くなり、2~3分ほどで完全に反応が無くなってしまいました。
最初は、「電池切れかな?」と思ったのですが、新しい電池を入れてみても全く反応が無く、結局買い替えることにしました。
そんなに、「愛用!」といった程の使い方をしていたわけではなく、なにかの限定生産品でもない、高価でもないごく一般的な量産品なのですが、ただこのキーボードは、数年前、私がまだ東京に住んでいたころに購入して、それ以来ずっと使い続けてきたものだったために「買ってから5年ぐらいで壊れる可能性も出てくるか―」とか「東京から大阪に越してきてからそんなに経つのか―」といった感じでしみじみしておりました。

壊れた(壊れかけた)のはキーボードだけでは無かったり・・・・・・・・・・・。

先日、ちょっとした事から私自身の内臓のCTスキャン、続けて超音波スキャンを取る機会が有りました。結果、内臓脂肪、特に脂肪肝がひどく、当面は食事療法が必要と担当の医師に言われてしまいました。
ゲーム会社という仕事柄、どうしてもパソコンに向かって座っていることの方が多く、運動不足になりがちで、休みの日も体を動かして遊ぶよりもやっぱりゲームをして遊ぶ方が多かったり、そんな合間についつい横に置いてあるお菓子に手が伸びたり、夜寝る前なのに食べ過ぎてみたり・・・・・・。

そんな生活を東京から越してきて数年間続けて来た以上、まあ当然の結果ですね。
そんな習慣を変えることから始めました。とりあえず食事を改善することから手をつけ、主治医の方から頂いた食事メニューに沿う形で少しでもダイエットできるようがんばっている最中です。
当面の目標として3kgの減量を目指していて、現在おおむね1.5kgの減量に成功しています。

キーボードやパソコンの部品・ソフトウェアなどはゲーム開発に於いて確かに必須のものですが、仮に壊れてしまったり不具合を生じてしまったとしても、買い替えたり、インストールし直してしまえば解決です。
しかし、同じく必須のものでも自分の体は交換のきくものではありません。

ある日突然動かなくなった=病気になってしまった、そんな事態にならないためにも、日々の食事習慣の積み重ねが大事なのですね。

交換の効かない最重要の資本、今後十分いたわりながら仕事していければいいなと思っています。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2015/11/post-c356.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« ゲームは面白い方に軍配!! | トップページ | 展示品から読み取る作り手の思い »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械が壊れたり、体が壊れかけたり。:

« ゲームは面白い方に軍配!! | トップページ | 展示品から読み取る作り手の思い »