« モーションとモーションの繋ぎ目って・・・ | トップページ | フットステップ錯視 »

2016年2月 8日 (月)いつもする話。

おはようございます。本日の当番、モーションデザイナーのD.Oです。( ´_ゝ`)
文章書くのって難しいですよね。
何を書こうか悩みまくる今現在・・・
寒いので丸々毎日・・・
よし!ゲームしよう!

と言う事で、今日は映画について( >∀<)ノ
(´-`).。oO(良くする、話ですよ。えー。


最近、宇宙を題材にした映画が増えたと思います。

前に上映されていた「ゼロ・グラビティ」や「インターステラー」の感想をば、
内容を話せば、良くある話に感じるのですが、映像のすごさや緊張感のあるシーンの見せ方は「凄い!」の一言です。

また、この2つの作品に共通して思った事は
「「無重力の表現や宇宙の表現が凄い!」」

「「ドッキングシーンは本物の映像かも!!」」

などなどの宇宙ステーションの表現です。


ここ数年で3D技術の向上によりリアリティある映像が撮影出来るようになってきたことが、本物っぽいと感じられるのですね。

科学の進歩最高じゃ~( ̄人 ̄)

「ゼロ・グラビティ」に関してはメイキングが紹介されている動画や記事があります。それを読んでみると、顔以外は殆ど3Dとの事。

3Dを扱うモーションマンとしてはその表現方法やカメラの見せ方など参考になることばかりです。ですが、ここにある程度の現実に関する知識などを持っておくとより一層興味深くなります

(´-`).。oO(現実では無理だけど、上手く表現してるなー

とか

(´-`).。oO(実際の宇宙ではそんな事出来んでしょ。

など、映像の騙しを観るのも勉強です!


映像だけでなくイラストや感情的な事にも言えることなのですが、「かっこいい」や「きれい」など思った事は忘れないようにして下さい。

それが感性に繋がる事ですし、自分の引き出しにもなります。

ではでは。この辺で!(@ ̄ω ̄)ノ⌒●~* 《《《《《《《《《《ドロン!!》》》》》》》》》》
follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2016/02/post-cfb1.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« モーションとモーションの繋ぎ目って・・・ | トップページ | フットステップ錯視 »

モーションデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつもする話。:

« モーションとモーションの繋ぎ目って・・・ | トップページ | フットステップ錯視 »