« あと一歩! | トップページ | 最近流行りのエフェクトプラグイン「SABER」 »

2016年6月27日 (月)梅雨、夏場対策

おはようございます。本日の当番、プログラマーのH.Kです。

今年も暑くジメジメした季節がやってきました。
電子機器、特にパソコンを扱ったお仕事をしていると、この高温・湿度はトラブルの元になりやすいです。
又、雷が鳴りだすことも多く、落雷の影響を受けることもあります。

今回は、オフィス内における電子機器取扱いについて、お話ししたいと思います。

周囲が高温により、パソコン内部のCPUやハードディスクなどの部品が熱を持ち出し、トラブルが発生するケースがあります。
パソコン内部にホコリがたまるとさらに熱がこもり、冷却しようとファンの回転音も大きくなることがあります。

対策:ホコリがたまらないように定期的に掃除する。

パソコン内部には通気口があり、空気の循環を考慮してファンが設置されていますので、ホコリを取って空気の流れを良くし、内部温度の上昇を抑えます。

多湿によるトラブルについて、パソコン部品に水滴がつくと、部品がショートしたり、あるいは腐食してしまって突然動かなくなってしまったりします。

対策:室内のエアコンや除湿器で湿気を抑える。

特に夏場は締め切った部屋にクーラーを掛けた状態で仕事をするため、空気の入れ替えのために換気を行いたくなりますが、湿度の高い外気が入り込み、水滴が生まれやすくなってしまう恐れがあります。
そのようなときは、除湿運転を行って湿度を下げることが効果的ですので、常に正常な湿度を保つように心がけます。

落雷によるトラブルについて、瞬間的に停電が発生し、使用中のパソコンの電源が切れてしまい、作業中のデータが消えてしまうことがあります。

対策:定期的にバックアップを行う。

落雷による過電流から電子機器を守るためには、誘導雷対策したOAタップやUPS(無停電電源装置)の対策が必要ですが、日常的な雷対策としては作業中のデータが消えてしまったときのために、定期的にバックアップを取ることが重要になります。

様々なトラブルで万が一、パソコンが起動しなくなったり、作業中のデータが失われてしまったときのために、作業データのバックアップは小まめに行い、しっかりとした対策をとって、梅雨や夏場を乗り越えていきましょう。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2016/06/post-9650.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« あと一歩! | トップページ | 最近流行りのエフェクトプラグイン「SABER」 »

プログラマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/63823939

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨、夏場対策:

« あと一歩! | トップページ | 最近流行りのエフェクトプラグイン「SABER」 »