« 動く美術館から学んだこと | トップページ | ゲームの未来形2 »

2016年7月21日 (木)未来に遺すモノ

おはようございます。本日の当番のプランナーのS.Mです。

先日、高野山をぶら~りと歩き回りました。

皆さんご存じでしたか??
実は高野山は日本屈指のパワースポットで有名なんです。

標高はおよそ985mの盆地に大門を始め、総本山金剛峯寺や女人堂など様々なお堂や塔が建ち並び「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された場所なんですよね。

和歌山の霊場スポットと言うだけあって、高野山に足を踏み入れた瞬間、空気がガラリと変わりました。

神聖な建築物が軒並み並ぶ壮観さは見る者の心を奪ってしまいます。
当時の面影を沢山残している建物が1000年以上も前に造られたというのに、朽ちることなく、現存しているのは日本の建築技術の高さを証明していると言えるでしょう。

昔から災害の多い日本では技術者が知恵を絞り、工夫を施し、それらを後の世代に受け継がせることで、技術の発展を進歩させてきたんでしょうね。

私はその時、ふと思いました。

それは素晴らしい作品を世に生み出しているクリエイターと同じではないのかと…。

人々が喜んでもらえる作品作りを心がけるクリエイターも同様に何もないところからアイデアを絞り出し、試行錯誤を得て、一つの商品を生み出している。

研鑽を積んだ技術が人から人へと伝わることで、作品のクオリティが年々進化していっています。

今、私達がクリエイターとして、この業界で働くことができるのは大先輩の方々が礎を築きあげてきたからだと考えると、感慨深いものがありますね。

今を生きる私達の世代で培った技術も、将来の世代に遺す大きな財産ではないのでしょうか。

そーいうことで色々な発見や発想が見つかると思いますので、皆さんも是非ぶら~り旅をしてみてはいかがでしょうか。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2016/07/post-8713.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 動く美術館から学んだこと | トップページ | ゲームの未来形2 »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来に遺すモノ:

« 動く美術館から学んだこと | トップページ | ゲームの未来形2 »