« たまには現実の3Dモデル作製 | トップページ | 精進しなくてはいけない »

2016年11月29日 (火)くじ運の試される季節がやってきました

おはようございます。本日の当番、CGデザイナーのN.Nです。

今年も早いもので、もう12月になろうとしていますね。
実家の猫に数ヵ月会っていないので、会いたさが限界点を超え、自宅で猫の名前をうわ言のように呟くゾンビと化しています。

この時期になるとAGでは忘年会や納会などのイベントがありますが、そういった場では必ずと言っていいほどビンゴゲームなどのくじ運の試されるレクリエーションが行われます。
最新ゲームなどの豪華景品がたくさん用意されているので、会社に入った最初の頃は「当たるといいな!」という希望に満ち溢れた思いで参加していたのですが、入社して数年になった今、まったく当たる気配がありません。

昨年の納会でのビンゴゲームの際にビンゴカードを5枚手に入れた私は、「さすがに5枚あれば1枚は当たるだろ!」とワクワクしたのですが、結果は1枚も当たらず、惨敗。
穴が揃わず、蜂の巣になった5枚のビンゴカードを、魂が抜けた状態で眺めていました。

さすがにこれはおかしい。
そういえば…とよくよく考えてみたところ、私は子どもの頃から壊滅的にくじ運がないことを思い出したのです。
二十余年生きてきて、唯一ちゃんとした懸賞で当たったのは1回だけ。数百円くらいのストラップのみ。
全員に景品が当たるタイプのビンゴでは、だいたいいつもドベの方。参加者がそろそろ飽き始めた辺りでやっとビンゴになっていました。

そんな私が豪華景品を当てる事を期待するのが、そもそもの間違いでした。
今年のビンゴ的なイベントでは「もしかしたら当たるかも」ということは一切考えず、ただひたすら実家の猫の事だけを考えていようと思います。
そうすれば、たとえ当たらなくてもダメージが少なくて済むので。。。

私はくじ運に関してはすっかり諦めモードになっていますが、これからの年末のイベントでビンゴゲーム等をやる予定の方は、是非とも豪華景品を狙って1年の締めくくりを楽しんでくださいね。
AGの忘年会や納会では、普段は食べられないような豪華なものが食べられるので、私はくじより食べ物メインで楽しもうと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2016/11/post-9725-1.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« たまには現実の3Dモデル作製 | トップページ | 精進しなくてはいけない »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くじ運の試される季節がやってきました:

« たまには現実の3Dモデル作製 | トップページ | 精進しなくてはいけない »