« 冒険 | トップページ | 根っこの強さ »

2017年4月11日 (火)新社会人の皆さんへ

本日の当番、AMプランナーのKACKYです。

さて皆さん、新年度が始まりました!
会社にとっては、この4月が1年のスタートとなります。
気持ちも新たに邁進して参りますので、2017年度もどうぞよろしくお願い致します。

新年度の始まりと言えば、新社会人ですよね。
今朝の事ですが、ここ長堀橋でも、他の会社さんの新入社員らしき人達が先輩社員の方に引率され、どこかに出かけているのを見ました。
これから研修にでも行かれるのでしょう。

実際にやると、どん引きされると思いますが、そういうのを見ると、「頑張れよ!」って声かけそうになりますね。
どんな仕事であれ、日本の社会に貢献する者として、どうも仲間意識をもっちゃいます。


さて今年、昨年に社会人になった人達に伝わればと思いますが、僕が新入社員の時に、先輩から言われた言葉で、記憶に残っている言葉があります。

「新人のあいだは、先輩に言われたことは『はい』『イエス』で答えよ!」

という言葉です。

つまり一人前にもなっていない間は、先輩の誘いや仕事は断ってはダメですって事です。

このご時世、「そんなの上司の横暴だ!」「パワハラだ!」、そう言う言葉が出てきそうですが、これは立派な教えの一つです。

商売が成立する為には、ある人が必要です。
それはお客様です。

特別な業種はさておき会社の仕事は、必ず誰かの為に存在します。
お客様の要望に「はい」と答え、期待に応える事が、すなわち【仕事】なわけです。
では新入社員にとってのお客様にあたる人は誰か?
誰の期待に応えなければならないか?

そうです。
会社の先輩です。

お客様と違って先輩達が金銭的な利益という【徳】を払ってくれるわけではありませんが、知識や経験という決して減る事のない、【徳】を与えてくれます。
つまり断ってしまえば得られるはずだった、知識や経験も無くなってしまうわけです。
お金という徳を求めて、社会人になったかも知れませんが、得られる徳はお金だけではありません。

時にはきつく叱られる事もあるかも知れませんが、断ることは二の次にして、どうすれば実現できるかと言う事を想像し、先輩の期待に応える為に努力する。
それが仕事の本質を理解する事でもあり、あらゆる徳を得られる可能性が広がります。

もちろん私の解釈の部分もありますが「新人のあいだは、先輩に言われたことは『はい』か『イエス』で答えよ!」という言葉にはそういう意味があります。

新社会人、新入社員の皆さんを心より応援しております。
それではまた。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-660d.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 冒険 | トップページ | 根っこの強さ »

プランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/65133069

この記事へのトラックバック一覧です: 新社会人の皆さんへ:

« 冒険 | トップページ | 根っこの強さ »