« 小さな頃に遠い未来のことだと思っていた世界 | トップページ | MAYAのちょっと便利な基礎ツール【後編】 »

2019年8月22日 (木)イラスト用にタブレットPCを買いました

おはようございます。本日のブログ当番、デザイナーのN.Nです。

もう長い間絵を描くツールはデスクトップPCと板タブを使ってきましたが、最先端のお絵描きツールとしても使えるタブレットPCを買ってみました。
購入理由は実家に帰省した際に絵を描く作業環境がないためでした。
実家用にノートPCを買うか、それとも自宅のPCを買い換えて古いほうを実家へ置くかといろいろ考えていたところ、某有名タブレットPCが絵を描くツールとしてとても優秀という評判を耳にしたので思い切って買ってみました。

以前イラスト用のスマホタッチペンを買い、スマホで絵を描いてみたことがありました。
その時はとても絵なんて描けたもんじゃないという感じでしたが(根気強く続けて慣れれば描けると思いますが)このタブレットPCはそれと全然違いました。
ベタな感想なんですが本当に紙に描いてる!という感覚で描けました。
逆に私のように今までずっとデジタルで描いていた人間からするとアナログっぽい感覚がちょっと描きにくいかもしれないです。
板タブで描いていると実際に描いている手元と画面が離れているため普通に絵を描く感覚と違い最初は使いづらいですが、顔を正面に向けて作業ができるので比較的姿勢良く作業できます。
タブレットPCのような液タブの場合は画面が手元に来るので下を向き前かがみの姿勢になるのでちょっと疲れやすいかなと感じました。
また、どうしても画面が狭いので資料を表示しながら作業がしづらく、たくさんの資料が必要な作品を1から10まですべてタブレットPCのみで作ろうと思うとちょっとやりづらいかもしれません。
タブレットPCを買ってから普通のPCで絵を描かなくなった!という人が結構いるようですが、私は普通のPCで描くほうが描きやすいのでデスクトップPCメインで描いています。

しかし本当にデジタルで絵をはじめて描く人にとっては敷居が低いので、これからこういった液タブで絵を描く人がほとんどになるんだろうなーと感じました。
でも板タブも液タブも両方いいところがあるので、私はそれぞれ臨機応変に使い分けていきたいなと思います。

Img_20190822_01
紙にスケッチするような感覚で猫ちゃんも描けました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/08/post-cf08d9.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

« 小さな頃に遠い未来のことだと思っていた世界 | トップページ | MAYAのちょっと便利な基礎ツール【後編】 »

CGデザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さな頃に遠い未来のことだと思っていた世界 | トップページ | MAYAのちょっと便利な基礎ツール【後編】 »