« 読書の効果 | トップページ | 煩悩を捨てる »

2019年9月19日 (木)セッション

おはようございます。
営業部 東京オフィスのM.Iです。

私、楽器演奏が趣味で、お休みの日はセッションやライブに勤しんでおります。
ライブは言わずもがなですが、セッションというのはコード進行だけ決めてジャムセッションするものや、曲を決めて演奏者を募集し、演奏者が揃えば合奏するものもあり、私が参加しているのは主に後者です。

参加する演奏者も年齢、職業、育った国もバラバラ、考え方も常識も違う人が集まって1つの曲を演奏するので、まあ、うまくいかないことも多いです。

私はあまり演奏がうまい方ではないので、達人の胸を借りて楽しくやらせて頂いていますが、達人は演奏する曲はもちろん、バンドの歴史、元奏者の手癖の研究、一緒に演奏する人のスキルに合わせて、進行を間違えた場合のリカバリ案まで考えているそうです。
達人ほどではありませんが、私も出来る限りの準備をして本番に臨みます。
その日の気分で出音も変わりますし、一人で演奏するならともかく、人と合わせて演奏するので、まさに、音の出る前の空気の振動を感じてセッションするのです。

ですが、闇雲にただ楽しめた時期は突然終わりを迎えました。
セッションイベントに参加するようになって、しばらくはそれなりに楽しかったのですが、急に演奏の違和感が耳についてしまい、なんだかしっくりこなくなってしまったのです。
やはり、自分の理想の演奏をしようと思うと、相応のスキルが必要なんですよね。
セッション中は常にお酒を嗜んでいるのもあり、気づくのに数年かかりました…笑

その時はいかに自分の演奏が駄目だったを思い知ってへこみましたが、同時に今まで捉えることの出来ていなかった人の演奏の良し悪しも分かるようになって、以前よりも楽しみ方の幅が増えた気がします。

当時の自分に圧倒的に足りなかったのは基礎練習で、これがテンポを変えて同じフレーズを何時間もやり続けるという大変地味なもので、修行というかもう苦行というか、、たまにグルーヴが出ると、自分でも「おっ!」とは思いますが、まったく楽しむのも大変です泣

仕事はもちろん、別のことにも一生懸命になると、うまくリフレッシュできて、いつも新鮮な気持ちでいられる事が、趣味の良い所かなと思います。
おばあちゃんになる頃には、達人になっていたいなぁ、、と思いつつ、練習に励む日々です。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/09/post-e74aed.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

« 読書の効果 | トップページ | 煩悩を捨てる »

営業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書の効果 | トップページ | 煩悩を捨てる »