2019年10月

2019年10月17日 (木)体調管理も仕事

おはようございます。
元新人の4年目、ゲームプログラマーのT.Tです。

ゲームクリエイターは基本的に、同じ姿勢でPC画面を見続けるデスクワーク。
時に、頭痛や目の疲れなどに悩まされることがあります。
最悪、エコノミークラス症候群を発症することもあるそうです。

頭痛などで集中出来なくなったり、体調を崩して会社を休んだりするのは出来るだけ避けたいので、体調管理には気を使わなくてはなりません。

対策としては、早寝早起きなど日常生活に気をつけるのはもちろん、腰痛や肩こりを防ぐために、仕事中に体を動かしたり、姿勢正しく座ったりするなど、色んな対策を取ることが出来ます。

自分の場合は、時々伸びをしたり、水分補給を怠らないように気をつけたり、頭痛薬を持ち歩くようにしています。

デスクワークで困っている人は色んな対策を試してみてください。

今月から下期がスタート、つまり今年度の折り返し地点です。
今月も気温が高くて天気も不安定なので、健康には気をつけながら、節目の5年目に向けて、下期も頑張っていきたいです。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/10/post-c84f7b.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)”インドア”オタクのたまの散歩日記

おはようございます。
積みゲーを消化中の”インドア”オタク、モーションデザイナーのK.Tです。

つい先日、友達に誘われて神戸の異人館めぐりに行ってきました。
異人館とは、幕末から明治時代にかけて日本に来た外国の方の住居です。
平たく言えば「館内まで見学可能なでっかい洋館」ですね。
中国、ドイツ、イギリス、フランスなど色んな国風の豪華な住宅がいっぱいあるのです!
普段外に出ない面倒くさがりの自分もヨーロッパ好きと好奇心が勝って出向いてみることに。

そしてこれは余談ですが、三宮駅から歩いて異人館方面に向かうと、途中ものすごい角度の坂に見舞われたので、バスで行くことをおすすめします……。

気を取り直して、3000円程で複数の館に行けるお得なチケットを購入し、いざ出発!
今回は5つほど回ってまいりました。
全部紹介するのは尺的に難しいので私の推しの異人館を紹介します!

●山手八番館大正時代に建てられた比較的新しめの異人館ですね。
まず入口から厳つい像がお出迎えしてくれます!圧がすごい……!
Img_20191010_01

この館の特徴は美術品がとにかく多い!
西洋のものが多かったのですが、中にはアフリカの原始的な木彫だったり、仏像だったり、様々なジャンルの造形物が飾られていました。
立体造形物のジャンルを問わないオタクの鑑ですね、私も見習おうと思います(失礼) 
Img_20191010_02 Img_20191010_03

あと有名なのは「サターンの椅子」です!
なんでもその椅子に座りながら願い事をすると叶うとかなんとか。
デティールが細かくて面白いので、座る際に間近でよく見てみてください。
Img_20191010_04

●風見鶏の館
こちらは明治時代に建てられたドイツ風の館ですね。
山手八番館と違って、生活感が感じられる館になっています。
特に食堂はドイツの城館造りになっており、豪華で見応えのある部屋になっています。
Img_20191010_05

ベランダには風見鶏の館の持ち主のお話が年代ごとに細かく書かれており、非常にロマンチックないい話でしたので、面倒くさがらずに読んでみることをお勧めします。
それと、当時の生活していたころの写真が多く展示されているので見比べてみると楽しいかも。
2階は1階と変わって、客室や子供部屋など生活感のある部屋が並んでいました。
といっても当時のそのままではなく観光用に置き換えられているものも多いのですが……。
Img_20191010_06 
子供部屋の一角。かわいらしい家具が置いてあります。
当時の持ち主の寝室は、現在お土産屋さんになっており、なんでも壁紙は昔のままだとか。
流石にお土産屋さんの写真は撮っていなかったので、次行くときに当時の写真と見比べてみようかと思います。
あ、風見鶏の館は3000円のチケットとは別料金なのでそこだけはご注意を。
Img_20191010_07

以上、今回いった場所で個人的に好きな館でした。

神戸異人館はよくゲーム背景やアニメ背景の元ネタになったりしているので、そういう角度から見てみるのも面白いかと思います。
私はそういった意味でうろこの館に大変興奮しました。

あとシャーロック・ホームズ好きな方は英国館本当にお勧めです。
『マスグレーヴ家の儀式』に記載されていたホームズの部屋……もとい、ベーカー街221Bの下宿が再現されています。
元ネタを知っているとより楽しめると思いますので、英国館に行く際はちょっと読みなおしてから行くことをお勧めします。私は後から読みなおしました……。

なんやかんやで滅茶苦茶はしゃいだ異人館めぐりでした。
結局チケット分全部は回れなかったので、また後日めぐろうと思います。
なんといってもチケットの有効期限はないのでいつでもいけますしね!
神戸異人館、オタクが十分に楽しめる町でした。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/10/post-cc5c04.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)日に1時間は眺めてる

こんにちは、デザイナーのN.Tです。

ブログを書くのは2年ぶり…くらい。実に久しぶりですね。
最近の私の楽しみは、飼ってる蛇たちがのろのろと過ごしているところを、コーヒー片手にぼうっと観察する事です。何時間でも眺めていられます。一応ペットなので、蛇の負担にならない程度に腕に巻いたり手に乗せたりしてふれあうことも。(たまに機嫌を損ねて噛まれる)
「蛇って、顔は凶悪、毒を持っていてキケン…!」という偏見を持たれがちですが、実際のところ、飼育できる殆どの種類は無毒のものですし、可愛らしい顔をした種類も沢山あるんですよ。
20191003_01
△キュートなうちの蛇たち……。。。

そうそう。
ちょっと前に見たゲームの中に大きな蛇が出てきまして、その蛇の3Dモデルの出来がとても良いなあ…と思いました。
その蛇の3Dモデル。ウロコの生え方、物を噛んだときに口角に寄る皮膚の形状、口をあけた時に上下だけでなく左右に広がる下顎の表現…等々、蛇好きでもなんでもない人からすれば「そんな点挙げられてもマニアにしか分からないよ!」と思われちゃう随所が、実に良く作り込まれていました。
作った人、さては、山ほど蛇の資料集めましたね…!!?

無駄知識なのですが、犬猫と違って、蛇の顎先の骨って左右に分かれているです。
読んでいただいている方、ご存知でした?
蛇は自分の頭部よりも大きい獲物も捕食しますので、大口を開ける為に顎先が繋がっておらず、顎裏の皮膚は左右に大きく広がる為に鱗が生えていないラインがあるのです。(そうでない種類の蛇もおります)
この顎裏のラインを表現している蛇の絵や3Dモデルを見つけると、「ア~~~~!!そうそう!このラインね!!わかってるね~~~!!!!」と作者と握手したくなります。
(ちなみに、飲み込めないくらい大きな獲物は、全身の強靭な筋肉でギュウギュウと絞めて、頑張ってコンパクトにしてから飲み込みます。縮めて詰め込むカンジが布団圧縮みたい…。)

こういうマニアにしか分からない微細なディティールや行動…それらを突き詰めてこその出来の良さですよね。
物作りをする際は、モチーフとなるものをよくよく観察して、構造をしっかりと調べて、それから制作に取り組むことが大事だなあ…と、世に出ている作品を見ては痛感する毎日です。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/10/post-9554b6.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)