2020年3月

2020年3月26日 (木)音楽

おはようございます。

今回のブログ当番、デザイナーのK.Nです。

 

少し前の話になるのですが、とあるゲームタイトルのオーケストラコンサートに行って来ました!!

今までコンサートなど1度も行った事が無かったのですが、ダメ元で申し込んだチケットが当たったので折角だし…という事で思い切って参加してきました!

 

コンサート当日、開場後とりあえず物販列へ。

物販のラインナップは今回のコンサートのパンフレットと各シリーズ(←複数シリーズがあるゲームなんです)のサウンドトラックなどのCD8枚。

パンフレットと1枚だけ持っていないCDがあったのでそれを購入しようと思ったところで8枚中7枚持っているのか…と自分でも少し驚きました()

 

そもそもサントラを8枚中7枚も持っている程(今回の物販で販売されていた物以外にもCDがあるので実際は10枚以上持っています)、何故このタイトルの音楽にハマっているのかというと最初にこのタイトルを知ったきっかけが「音楽」だからです。

いつもは「ゲームシステムが面白そう」とか「キャラデザが良い!」という理由でゲームを購入する事が多いのですが、このタイトルだけは「音楽」が気になって購入したというものです。

 

元々課題や仕事をする際にゲームのBGMを作業用としてよく聴いているのですが、自分がプレイした事の無いゲームの音楽も聴いてみたいなーと思い、動画を検索した時にこのタイトルの音楽を見つけたのが始まりでした。

当時はゲームシステムどころかタイトルすら知らなかったのですが、いざ音楽を聴いてみると曲の良さもさることながら、メロディーが分かりやすい上に口ずさみやすいので何度でも聴きたくなるような曲が多かったです。

あと、イントロ部分にインパクトがある曲が多いのでより印象が残りやすいのかな?と個人的には思いました。

実際ネットなど見ていると有志の方の「弾いてみた」や「アレンジメドレー」などの動画が多いので、それだけ沢山の人の中に覚えてもらいやすい印象が残る曲が多いのだなぁと感じました。

そして気がつけば各シリーズのサントラを買い漁って今に至る…という感じです()

 

「音楽」という観点から1つのタイトルに興味を持てたのも私の中では印象深かったです。

この経験から今は自分のプレイしているゲームは勿論、「この曲良いな」と思ったらその作曲者さんの他のタイトルの楽曲を聴いたりなどしています。

私自身、音楽にはそれ程明るくないのですが、それでも作曲者さんの「クセ」を知る事が出来たり、「このキャラのテーマ曲、この楽器・曲調だからイメージに合っているんだ」などタイトルを知る以外にも新しい発見が出来て楽しいです!

 

で肝心のコンサートはどうだったのかというと、月並みな感想かもしれませんが生演奏ならでは迫力があり、鳥肌モノでした!

オーケストラになった事により、楽器11つの音が聴き取りやすく「この曲のここの部分はこんなメロディーになっていたのか」と改めて発見できた部分があったり、今回のコンサート用にアレンジされている曲などもあったので、聴き親しんでいた曲でも新鮮な気持ちで聴く事が出来たので楽しかったです!

 

今まではコンサート会場が東京という事もあって遠いし、コンサート後にCD出るから別に行かなくて良いかな…なんて思っていたのですが、その考えが覆るくらい衝撃・感動を受けました。

 

今回は数あるシリーズの中から一部をフォーカスしての演奏だったので、次は今回フォーカスされなかったシリーズでコンサート開催して欲しいな~…というのは贅沢な注文でしょうか…()

来年もまた開催されるのであれば是非参加したいなと思います!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/03/post-455843.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)"在ると良いなが在る"と良い

おはようございます。本日のブログ当番、プランナーのJ.Hです。


各種イベントの中止や延期が発表されている昨今ではありますが、近日、個人的にも期待を高めている仮想空間内でのイベント「バーチャルマーケット」というものが開催予定である事はご存知でしょうか。

Img_200319_01  Img_200319_02


バーチャルマーケットとは、パソコンのネット上の仮想空間をアバター(ユーザーの分身)の姿で歩き回り、有志が展示している3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、購入ができるバーチャル空間最大のマーケットフェスティバルと称している展示即売会イベントです。


ソーシャルVRプラットフォームの「VRChat」というソフト内で開催しているため、ヘッドマウントディスプレイを頭にかぶっての臨場感あるVR視点でも、手軽にデスクトップのモニター視点からでも参加ができる事が特徴であり強みです。


第1回が開催された2018年8月以降、半年に1度のペースで開催され、昨年9月に開催された「バーチャルマーケット3」では1週間で延べ70万人が参加し、総勢600ものサークルや企業が出展する規模となっています。


企業や実際の店舗とのコラボといったブースも盛んになってきており、漫画・アニメ作品のキャラクターや世界観を目の当たりにできたり、実際のコンビニや洋服店の商品を仮想空間内で品定めするといった疑似体験ができたりというのも、新鮮な体験であり醍醐味でもあります。


もちろんテレビゲームやVRゲーム、バーチャルYouTuber等といったIPとも相性が良く、ファンにとってはそれらの展示物に触れられるだけでも他では得られない充実感が得られます。


いくつかある仮想空間の会場はそれぞれテーマを持った内容になっており、近未来的な渋谷の街といった会場や、工場内でロボットが立ち並ぶSFな会場、魔法とお城、自然の浮島テーマパーク、繁華街とスラム街といった様々な会場が有ります。
歩き回るだけでも観光をしている気分になれ、加えて多くの展示が存在しているため(好奇心が尽きるまでは)いつまでもどこまでも周り続ける事ができてしまいます。


ただ歩いて見て周るだけでなく、乗り物やワープのギミックを移動として使えたり会場内でチャットをしたり写真を容易に撮れたり立体マップを持ち歩けたりと、ゲームさながらの要素も兼ね備えており探索気分にも浸れます。


同じ空間内には他の来場者の多種多様なアバターが歩いており、知り合いとボイスチャットをしながら共に行動する事もできるため、観光地やテーマパークのアトラクションを一緒に周る感覚で過ごすこともできます。


と、ほとんど概要の紹介に終始してしまいましたが、是非とも言葉では伝えきれない体験や物量に触れて圧倒されてみてほしいと思います。
そこには、"在ると良いなが在る" かもしれないし"そこに無ければ創ればいいじゃない" という創作意欲が湧き立つかもしれません。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/03/post-1826bd.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)まずはできることから・・・

おはようございます。
営業部Yです。


新型コロナウイルスが世界中を震撼させてますね。


テレビをつければ各局で新型コロナウイルスに関する様々な報道がされています。
感染拡大を防ぐ対策についてはもちろんのこと、各国・各自治体の状況、首相からの休校要請とそれによる影響、イベントの中止・延期とそれについての是非etc...


そんな中で「情けない・・・」と感じる嫌な報道がありました。


紙製品の供給難が始まるというデマ拡散から、トイレットペーパーの買い占めが起こったことは皆さんご存知かと思います。
その影響からかコンビニやファミレス等のトイレから、ホルダーにあるトイレットペーパーの持ち出しが相次いでいるという報道です。


トイレットペーパーの持ち出しというだけで情けないと感じましたが、
(ましてやホルダーにある使用途中のもの・・・)
その後に紹介された、とあるコンビニの持ち出し対策をみて愕然・・・


なんと!!!
トイレットペーパーが芯部に鎖を通されてつながれているではありませんかw


その画を見て・・・
日本人はそこまで堕ちたのか・・・とさらに情けなくなりました。


ついこの間までラグビーを観て「ONE TEAM!」といっていたのはどこへやら。
世界が危機的状況の一歩手前にある今こそ「ONE TEAM!」の精神で、一枚岩で頑張らなければいけない状況なのに・・・


感染されてしまった方々は不安に襲われているでしょう。
発症されてしまった方々は必死に闘っているでしょう。
ワクチンや治療薬の開発に携わっている方々も、一日でも早く世界を救うために必死に闘っていることでしょう。
関連騒動に巻き込まれた人たちも必死に闘っていることでしょう。


私自身は無力でなにもできません。
できることといえば、ワクチンや治療薬の開発を祈りつつ、様々な報道から得た情報をもとに、
①感染しない努力をする
②感染させない努力をする
③必要以上に騒がず適切に行動する
これくらいのことでしょう。


まずは自身にできることからしっかりとやっていきたいと思います。
皆様にもお願いできればと思います。
小さな取り組みを東京・大阪から始めれば、世界の危機的状況は好転するかもしれませんので。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/03/post-70f7bc.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)手抜きの方法

おはようございます。
本日のブログ担当プランナーM・Tです。
私は料理が好きで、土日に平日分の作り置きをしたりするのですが、体調が悪いときや繁忙期に自炊をするのは正直大変です!


そういう時は、コンビニ弁当などお手軽に購入できるので、たまに利用しておりましたが、何度か購入すると同じようなメニューであまり代り映えしなくなってきました。


そこで何か他の手段で楽をできる方法が無いかと調べてみると、【宅食】なるものがありました。


最初は、スーパーで売っている惣菜的なものが適当に詰め込まれて、まとめて冷凍で配送されると思っておりました。
コンビニ弁当よりもましかと思い、色々な宅配食のサイトを調べてみると、結構良いサービスではないかと思いました。
特に良いと感じたのが【献立考え無くていい!】です。
他にも
・栄養価やカロリーを計算して毎日作っていること
・毎日、宅配業者が配達してくれること
 不在のときは、鍵付き宅配ボックスに入れて配達してくれる
など至れり尽くせりだったので、今回はお試しで1週間頼んでみようと思いました。
実際に来た食事
一食分(例)
Img_20200305_01


そこで、試してみてよかったと思った所は、
・後片付けが楽。
・こういう調理法があるという学び。
・栄養バランスが取れている
・ダイエットできそう
と非常に良かったです。
ただ毎日だと、少し味気ないので、しんどい時や体調が悪い時など、次回も利用したいサービスだと感じました。
ただ、申し込みが当日のと、1週間単位しか利用できないシステムだったのでそこだけが唯一の不満かな?
今後は、計画的に利用して手を抜いていこうと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/03/post-aad3b7.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)