営業

2019年2月 7日 (木)メトロポリタン美術館

おはようございます。
営業部のK.Kです。

一昨年に休暇を頂きニューヨークへひとり旅に行ったときのお話をしたいと思います。
目的は大好きなミュージカル鑑賞と博物館、美術館巡りなどの観光目的です。
その中でもとても有意義な時間を過ごせたのは、マンハッタンのセントラルパーク近くにあるメトロポリタン美術館。通称「The Met」
2019_0130_01
有名な画家の名画や発掘された古代遺跡、歴史的建造物まで約400万点の作品が展示されており、大阪にある大阪市立美術館の展示数と比較すると、その差は約500倍。
にも関わらず日本含めて海外のほとんどの博物館や美術館は税金などで運営していますが、この世界三大美術館とも言われるThe Metはなんと私営。観光名所としても力をいれ個人や各団体からの寄付で成り立っています。
観光誘致、公共施設の民営化を進める大阪においては、良い成功例とも言えます。

館内に入りますと、文明や歴史、地域ごとに分かれており入った瞬間すべてを、1日で回ることは不可能だと感じます。日本語の音声ガイド(有料)と館内マップを頼りに迷宮化した館内を回るのですが全ての展示品に対して音声ガイドがあるわけではないので、英語の出来ない私は終始、翻訳アプリを利用しながら館内を回りました。

展示作品について語り出すと、きりがありませんので割愛しますが、圧巻だったのはエジプト美術。小さな指輪から、オベリスクなどの大きな石碑や神殿までが展示。またその展示の仕方にも驚きました。大きな物はほぼ剥き出しでそのまま館内に置かれており、壊れそうな小さな人形や装飾品などはケースに入っていますが、お店のショーケースのように、とても近い距離で見ることが出来ます。
2019_0130_02

2019_0130_03

面白かった体験としてはミニカーを飾るアクリルケースのような箱に、木で作られたシンプルで可愛らしい動物の人形も展示。
いつ創られたのか見てみたところ,なんとBC3000の文字!!
今から5000年前の物が目と鼻の先にある!?
という何とも言い難い驚きがあり非常に楽しい体験をしました。
その他、ロダンの考える人や、ゴッホの自画像は思っている以上に小さい等、行かないと解らなかった事も多くあり美術を通じて世界の文化や歴史も学べて有意義な時間を過ごすことができました。
ニューヨークは海外では遠いと思われるかも知れませんが、ここThe Metに来るだけでも充分価値がありますので観光旅行先として、とてもオススメです。

それではまた。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)加賀電子グループ野球部 優勝!

おはようございます。営業部 湯浅です。

プロ野球界はストーブリーグが盛り上がっていますね。
ドラフト、戦力外通告、FA補強、トレード、契約更改etc…
来期を見据えて各球団が様々なアクションをしています。
と、いうことで今日は野球に関するお話をしたいと思います。

加賀電子グループにも、加賀電子グループ各社から集まった野球好きで構成されている軟式野球部があります。
私も野球部に所属していますが、今シーズンより監督(選手兼任)に就任してチームの指揮を執っています。

加賀電子は東京都電気卸組合に加入しているので、春と秋の年二回開催される東京都電気卸親善野球大会に参加して、その大会での優勝を目標に活動しています。

同大会は電気卸組合に加入している企業・団体の33チームによるトーナメントで、優勝の栄冠に輝くには5試合を勝ち抜く必要があります。

野球部といっても、都市対抗野球出場を目指して野球に従事するような社会人野球ではなく、いってしまえば草野球・・・全員が毎試合参加できるわけではありませんので、慢性的な人材不足です。
監督の一番の苦悩は当日の参加メンバーをいかにやりくりして戦うか・・・ですが、逆にそのやりくりが上手くいったときは監督冥利に尽きます。

監督就任後初めて臨んだ春の大会は二回戦敗退と散々な結果に終わってしまったのですが、雪辱に燃えた秋の大会では見事に優勝することができました!

2回戦では優勝候補を見事に撃破!
準決勝では準備不足の先発ピッチャーが初回に3点を失うもまさかのミラクル!
ノーヒットにも関わらず5-4でまさかの逆転勝利!

そしてついに迎えた決勝戦!

重苦しい試合展開の中2点先制!
5回表さらに1点追加して3-0とリード!
優勝がグッと近づいたと感じたそのとき・・・

6回裏相手チームの攻撃
サードの3連続エラーで2点を奪われて、スコアは3-2!
なおも満塁の大ピンチ・・・
なんとかそのピンチを凌いでついに歓喜の時を迎えました!

優勝!
Img_1598

選手もマネージャーも大喜び!
選手たちに促され初めての胴上げ!
慣れていないと照れくさいからなのか、なんだか胴上げされている姿がカッコ悪い・・・
来年の春の大会では「連覇してカッコ良く胴上げされること」も目標に頑張ります!

優勝を振り返ると・・・
選手、マネージャー、監督が目的意識を共有し、それぞれの立場で役割をしっかり果たしたからこそ優勝できたのだと思います。
春の大会も頑張ります!
Img_1595_2 Img_1596_2

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)星を見に行く

おはようございます。
本日のブログ当番、満点の星空を求めて旅をする、営業部 東京オフィスのM.Iです。

子供の頃から空に瞬く星々にロマンを感じ、星座早見盤を片手に星空観察をしていましたが、今は星があまり見えない都心暮らしのため、年に数回は星空観察スポットまで行き、星を観察しています。

先日は伊豆大島に星空観察旅行に行ってきました!
伊豆大島は伊豆と名前がついていますが、東京都に属し、調布の飛行場から出ている飛行機で行くと25分程で行けるのですが、どうしても船上から夜景が見たい!
ということで、8時間近くかけて夜行船で向かいます。

東京港区にある竹芝ターミナルから船に乗り込み出発を待ちます。
20180731_00

辺りが暗くなりいよいよ出航の時間。
汽笛とともに船が動き出すと、どんどん気持ちが高まります。
ビールを片手に夜景を楽しみ
20180731_01

船が某警察ドラマで有名なレインボーブリッジをくぐると、乗船客から歓声があがります。
20180731_02
レインボーブリッジ封鎖されていません!!!

しばらくすると夜景も遥か後方へ、辺りはすっかり闇に包まれたので船室に戻り船内泊。

早朝に伊豆大島に到着しました。
20180731_03
朝日がまぶしい!

軽い朝食をとった後は、サイクリングをしたり
20180731_04
自転車で島を一周しようとしたらなかなかの上り坂、途方にくれて座り込んでいたところ、地元の方に小玉スイカをいただきました。優しさが身にしみます。

海でダイビングや釣りをしたり
20180731_05

海の幸を食べたり
20180731_06

お腹がいっぱいになったところで、いよいよ待ちに待った星空観察の時間がやってきました。

しかし、天候に左右されてしまうのが星空観察。
昨年の冬には、夜間営業なしのスキー場で全ての人工的な明かりを消して、漆黒の闇の中で星を見るというツアーに参加したのですが、あいにくの雪となってしまい、ただ闇にたたずむのみとなってしまいました。
今回は、雨天の合間をぬって旅行日だけ晴れるという奇跡的な展開で、テンションMAXだったのですが、、

月が明るすぎて、この時期本来なら見えるはずの天の川が見えない!
20180731_07
星を見たい場合は新月を狙うと良いと言われているのですが、満月ではないものの、その日の月は特別に輝いていました。。
それでも都会の空とは比べ物にならない、空を覆う星々は実際に見ると圧巻で、他にも月を双眼鏡で観察したり、土星の輪を望遠鏡で観察したり、なかなか良い天体観察となりました。

名残惜しいですが、翌日には島を離れます。
帰りは高速船で風を感じて
20180731_08

ただいま!
20180731_09

次はどこに星を見にいこうかな。今夏中に天の川を見れたらいいなあ。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)遥かなるマンギラオ

おはようございます。AM営業部 湯浅です。

先日、親会社である加賀電子の50周年記念旅行でグアムに行かせて頂きました。

グアムでは米国Golf Digestが選定する、「世界のベスト100ゴルフコース(米国本土外)」では79位と、「海沿いの絶景コース8選」に選ばれた、オンワードマンギラオゴルフクラブでプレーをしてきました。

マンギラオゴルフクラブには名物と言われる、絶景の海越えチャレンジのショートホール(164yd)があります。

ティーグラウンドからグリーンまで海なのは勿論のこと、グリーン奥も海・・・グリーン右も海・・・グリーン左も海・・・海海海・・・

グリーンは浮き島状態になっており気分はすっかり「プロ○ルファー猿」

浮き島グリーンと波立つ海のプレッシャーだけでなく、強い海風が吹いていることもあり、ティーショットはしっかりと風までも計算した、正確無比なショットでなければボールは海の底に・・・ 技術と頭脳が試されるテクニカルホールです。

164ydであれば通常7番アイアンでショットするところですが、強い向かい風を感じた私はひとつ大きめの6番アイアンを選択してフルショット!

無風であればグリーンオーバーしてしまいそうな打球は、計算通りに向かい風に戻されながら、グリーンギリギリに着地してささやかにバックスピンして見事ワンオン!

まさに私の技術と頭脳の勝利!

スコア自体は大したことありませんでしたが、ワンオンチャレンジ成功しただけで満足のラウンドでした!

ラウンド終了後にはゴルフ場が証明書を発行してくれたので、とても良い記念になりました!


さて少し話は変わって・・・

先に述べたGolf Digestのランク付けには7つの評価項目があり、この評価に基づいてゴルフ場のランク付けがされていきます。


1.ゴルフをする価値

2.難易度

3.デザイン

4.各ホールの印象度

5.景観

6.コンディション

7.全体の雰囲気


なるほど・・・

確かにプレーした私の評価もそれぞれの項目で高く、世界79位の評価を納得させられました。


我々の仕事でも同じ様にクライアントやユーザーの評価項目があると思います。

果たしてその評価項目はどんなものでしょうか?!

我々は高い評価を得られているでしょうか?!

その結果はどういうものなんでしょうか?!


その答えはアクセスゲームズ20周年を迎えたときの記念旅行がどこなのか?

ということではないかと勝手に想像しています。

クライアントやユーザーから高い評価を得て「世界のベスト100開発会社」に選ばれて、皆で20周年記念旅行に行けるように日々精進していきたいなと思います。

Photo_2 アクセスゲームズ 代表取締役社長の浦澤と

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)