プランナー

2020年3月19日 (木)"在ると良いなが在る"と良い

おはようございます。本日のブログ当番、プランナーのJ.Hです。


各種イベントの中止や延期が発表されている昨今ではありますが、近日、個人的にも期待を高めている仮想空間内でのイベント「バーチャルマーケット」というものが開催予定である事はご存知でしょうか。

Img_200319_01  Img_200319_02


バーチャルマーケットとは、パソコンのネット上の仮想空間をアバター(ユーザーの分身)の姿で歩き回り、有志が展示している3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、購入ができるバーチャル空間最大のマーケットフェスティバルと称している展示即売会イベントです。


ソーシャルVRプラットフォームの「VRChat」というソフト内で開催しているため、ヘッドマウントディスプレイを頭にかぶっての臨場感あるVR視点でも、手軽にデスクトップのモニター視点からでも参加ができる事が特徴であり強みです。


第1回が開催された2018年8月以降、半年に1度のペースで開催され、昨年9月に開催された「バーチャルマーケット3」では1週間で延べ70万人が参加し、総勢600ものサークルや企業が出展する規模となっています。


企業や実際の店舗とのコラボといったブースも盛んになってきており、漫画・アニメ作品のキャラクターや世界観を目の当たりにできたり、実際のコンビニや洋服店の商品を仮想空間内で品定めするといった疑似体験ができたりというのも、新鮮な体験であり醍醐味でもあります。


もちろんテレビゲームやVRゲーム、バーチャルYouTuber等といったIPとも相性が良く、ファンにとってはそれらの展示物に触れられるだけでも他では得られない充実感が得られます。


いくつかある仮想空間の会場はそれぞれテーマを持った内容になっており、近未来的な渋谷の街といった会場や、工場内でロボットが立ち並ぶSFな会場、魔法とお城、自然の浮島テーマパーク、繁華街とスラム街といった様々な会場が有ります。
歩き回るだけでも観光をしている気分になれ、加えて多くの展示が存在しているため(好奇心が尽きるまでは)いつまでもどこまでも周り続ける事ができてしまいます。


ただ歩いて見て周るだけでなく、乗り物やワープのギミックを移動として使えたり会場内でチャットをしたり写真を容易に撮れたり立体マップを持ち歩けたりと、ゲームさながらの要素も兼ね備えており探索気分にも浸れます。


同じ空間内には他の来場者の多種多様なアバターが歩いており、知り合いとボイスチャットをしながら共に行動する事もできるため、観光地やテーマパークのアトラクションを一緒に周る感覚で過ごすこともできます。


と、ほとんど概要の紹介に終始してしまいましたが、是非とも言葉では伝えきれない体験や物量に触れて圧倒されてみてほしいと思います。
そこには、"在ると良いなが在る" かもしれないし"そこに無ければ創ればいいじゃない" という創作意欲が湧き立つかもしれません。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/03/post-1826bd.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)手抜きの方法

おはようございます。
本日のブログ担当プランナーM・Tです。
私は料理が好きで、土日に平日分の作り置きをしたりするのですが、体調が悪いときや繁忙期に自炊をするのは正直大変です!


そういう時は、コンビニ弁当などお手軽に購入できるので、たまに利用しておりましたが、何度か購入すると同じようなメニューであまり代り映えしなくなってきました。


そこで何か他の手段で楽をできる方法が無いかと調べてみると、【宅食】なるものがありました。


最初は、スーパーで売っている惣菜的なものが適当に詰め込まれて、まとめて冷凍で配送されると思っておりました。
コンビニ弁当よりもましかと思い、色々な宅配食のサイトを調べてみると、結構良いサービスではないかと思いました。
特に良いと感じたのが【献立考え無くていい!】です。
他にも
・栄養価やカロリーを計算して毎日作っていること
・毎日、宅配業者が配達してくれること
 不在のときは、鍵付き宅配ボックスに入れて配達してくれる
など至れり尽くせりだったので、今回はお試しで1週間頼んでみようと思いました。
実際に来た食事
一食分(例)
Img_20200305_01


そこで、試してみてよかったと思った所は、
・後片付けが楽。
・こういう調理法があるという学び。
・栄養バランスが取れている
・ダイエットできそう
と非常に良かったです。
ただ毎日だと、少し味気ないので、しんどい時や体調が悪い時など、次回も利用したいサービスだと感じました。
ただ、申し込みが当日のと、1週間単位しか利用できないシステムだったのでそこだけが唯一の不満かな?
今後は、計画的に利用して手を抜いていこうと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/03/post-aad3b7.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)味の染みた牛すじ ~ぶらりグルメ探訪6~

おはようございます。本日の当番、プランナーのY.W,Srです。
まだまだ寒い日が続きますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。


さてさて、本日のグルメ探訪はコチラ。

Img_20200206_01

牛すじ重です。


米と牛すじ、まさに鉄板の組み合わせです。
そういえば牛すじって、海外でも食べるんでしょうか?
案外、日本だけの食文化だったりするのかもしれませんね。


それでは早速いただきましょう。


むむ!これは!!
しっかり煮込まれた牛すじに味がしみこんで、とっても美味!
口に入れるとお肉の繊維がホロッとほどけて、旨みがジンワリ広がります。


やはり長い時間をかけて煮込んだ牛すじはおいしいですね。
でもこれって、実はゲーム作りも同じだったりするんです。


・・・いや、別にゲームを煮込んでるわけではありませんよ?


ゲームを作るときはまず仕様どおりに機能を作って、そこから細かい調整を行います。
この細かい調整の部分が牛すじでいう煮込みに当たる部分。
ここに時間と手間を十分かけないと、なかなか面白いものはできないんですね。


しかも、この「時間と手間」というやつは工夫次第で減らすことができます。
作業の進め方を工夫したり、便利なツールを使ったり・・・
牛すじだって圧力鍋を使えば、煮込み時間を大幅に短縮できますよね?


時間と手間をかけつつ、その時間と手間を減らす。
一見矛盾するようですが、要は「最小限のコストで最大限の効果を。」ということです。
これこそが本当に大事なことなのかもしれません。


む!
そんなことを考えているうちに、牛すじ重完食!
さて、今日もがんばって面白いゲームを作りますよ!ってことで、また次回!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/02/post-5ecbcb.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)五輪でわっしょい☆

新春万福!! 皆さんに幸せが多くありますように!
ということで、どうもブログ当番のS・Mです。


心機一転!新たな1年の始まりですね。
今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されるということで、スポーツへの興味を持つきっかけが増えるかと思います。
仕事なので、会場に行くのは難しくとも、ぜひ見たいと考えている人は多いはず!!
もしかしたら生きている間に日本でオリンピックを見られるのはこれが最後になるかもしれません。


そんなわけで今回、私がオススメする競技をサクッとズバッとご紹介させていただきます。
私がオススメする競技はなんといっても「スポーツクライミング」ですね。
選手は垂直にそり立つ壁をカラフルなホールドを使って道具を持たずに身体一つで登る競技です。
今回の東京オリンピックから初めて実施される競技で、近年では初心向けの種目であるボルダリングで人気を集めています。


私も趣味でボルダリングをするのですが、想像していたよりも全身を使うスポーツという印象です。
ボルダリングの壁には大小様々なホールドが設置されており、指先にしかかからないものや、片足を伸ばさないと届かないもの等、肉体を極限までに追い込むので、気づかない間に体力が消耗します。


今回のオリンピックでは「スピード」「ボルダリング」「リード」と異なる3種目を行いますが……。
そこで知ってもらいたいのが、実はボルダリングが世界で一番強い国は日本ということです。
これは非常に驚きですね。まさか日本が世界のトップに君臨しているとは。
調べてみると……。
クライミングの本場であるヨーロッパやアメリカの方は身体が大きいため、指への負担や消費する体力が大きく、逆に日本人は体が小さいため、リーチが短くて体重が軽いという特徴があります。
つまり、日本人はボルダリング向けの体型をしているということです。
もちろん身体能力の高さも必要ですが、その他にも知力や空間把握能力も優れているところもあります。
ですので、メダル候補と言っても過言ではないんです!


あまり馴染みのない競技ということで、他の競技に比べて認知度は低いかもしれません。
しかし!!
この記事を読み、少しでもいいのでスポーツクライミングに興味を持っていただけたなら、是非応援をしてください!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2020/01/post-40cc3b.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)ぐっと楽(らっく)~

おはようございます。
好きな言葉は「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである(By孫正義)」
今週の当番、プランナーのK.Mです。


プランナーは色んな仕事をしますが、文章を書くのもそのひとつです。
例えばNPCのちょっとした会話やTIPS、アイテム説明文などですね。
しかし機会で言うと、これらのユーザーさんが目にする文章を作成することは、そう頻繁にはありません。
それよりも、仕様書と呼ばれる開発メンバー向け文書を書くことの方が圧倒的に多いです。
その際に心がけているのは、読む人に負担をかけない書き方をすること。


例としてまず、しんどい文章を見てもらいましょう。
---------------
ゲーム機の性能が上がり、ますますリアルな世界を描けるようになっているが、あるスポーツをリアルにゲーム化し、それをプロ選手が「まさにこれこそ忠実なゲーム化だ!」…と太鼓判を押したものが良いゲームとは限らない。
なぜなら、そのゲームを一般人が遊んだ場合、身体能力は置いておくとしても判断力や反射神経がついていけないのは明白で、グラフィックをリアルしつつも運動の部分は記号化(シンプルに描く)や誇張(大げさに描く)が不可欠なのである。
---------------


言わんとしていることは何となく分かるけど…読んでてしんどい
そういう感じ…伝わりましたか?
一文が長く、例やカッコ書きの補足説明などが入り乱れてて読みにくい。
何より結論がどこに向かうのか最後まで読み進めないと分からない…これがきついですね。


読むことそのものを楽しませる小説などにおいては、もったいぶった書き方が効果を持つ場合があります。
しかし開発向けの文書では、読み手に負担なく伝わることが大切です。
例えば、こんな感じ。
---------------
■趣旨
グラフィック性能が向上しても、記号化や誇張は遊びやすさのために必要
■説明
例えば、プロスポーツを忠実に再現するあまり、プロ選手しか上手く遊べないゲームを作ると、一般ユーザーが楽しめないものになってしまう
リアルに表現する中にも遊びやすくするための工夫が必要。
■工夫例1:記号化
プロ選手が練習で時間をかけて習得するコツを、記号化することで簡単に習得できるようにする
■工夫例2:誇張
プロにしか分からないような微妙な違いがもたらす成功/不成功を大げさに描き、分かりやすくする
---------------


開発向けの文書で心がけること
  1.結論を最初に書く
  2.トピックを分けて書く
  3.各文章をできるだけ短くまとめる


これらの工夫で、読み手の理解がぐっと楽~になります。
良い効果がもう一つ。
アイデアを伝わりやすい文章にまとめるうち、書いてる本人の考えが整理される。
実はこれがとっても重要なことなのかもしれません。


■余談 もうひとつ好きな言葉
「人生は、どないやねんの連続である。そうじゃない場合もあるけど(By松本人志)」

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/12/post-d87475.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)もう冬ですね・・・

おはようございます。
本日のブログ当番の、プランナーのM.Tです。


最近は、すっかり寒くなりましたが、寒さに負けず趣味のバイクでのんびり岡山城まで散歩ツーリングへ行ってきました。


岡山方面へ進んでいると日生漁港があったので、ちょっと寄り道・・・
色々な魚が売っている中、もう冬ということで、名産の牡蠣がトラック一杯にありました。
Img_20191212_01


牡蠣は好きなのでちょっと欲しかったけど、岡山城まで行こうと思っていたのでガマン、ガマン!


その後、のんびり岡山城に向かい、到着したころには夕方になっていました。
岡山城に着くとライトアップされた岡山城がお出迎え!
ライトアップをしているのは知らなかったので、少し嬉しいサプライズがありました。
Img_20191212_02


近くで見ると草木はまだ青かったですが、ライトのおかげでキレイに紅葉していました。
のんびり楽しんだ後は、バイクで帰宅。


休日を趣味で楽しみ羽を伸ばせました。
色々楽しかったけど、一番心に残った事は、
帰りが極寒で辛かった、もっと厚着をしていけば!!!
と感じた一日でした。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/12/post-9cea3e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)買い物は足を使う

おはようございます。
人生という大迷宮に挑む冒険者であり、今週のブログ当番、プランナーのO.Oです。

昨今、ネットで簡単に商品を注文・購入することが出来るようになりました。
皆さんもご利用されているのではないでしょうか?
家に居ながら、色々な商品を購入出来るのは、昔近所にあまりお店が無かった私にとっては大助かりです!
と書きつつも、何故かいまだに、お店に行って現物の商品を見てから購入する私がいます。

ネットで購入するのが苦手と言う訳ではなく、実際に身近なゲームや小説・漫画と言った商品はダウンロード販売や電子書籍で買うことが徐々に多くなっているのですが、どうしても欲しい!と思った商品は、なぜかお店に直接行って購入してしまっている現状です。
(ただ、商品が品薄で近くのお店に無い場合、汗だくになりながら自転車で走り回って探すこともチラホラ・・・。)

ネットで注文購入したほうが、時間的にも無駄がないと分かってはいるのですが、自分の足でお店に出向いて、商品を購入した時に、自分の中で何とも言い表せない小さな感動があるようです。

こうなってしまった要因として、
・あまりお店が近所に無かったせいで、お店に買いに行くのを特に苦だとは思わない事。
・色々な場所を巡って、アイテムを買ったりする感覚がゲームに似ている事。
などの理由から、お店を巡って商品を探し回りながら、直接手に取って買い物することが楽しい!と思えるのだと自己分析しています。

こういった一見無駄とも思える行為ですが、実際に自分が体験している感覚や経験が、ゲームのアイデアとして取り入れれば、何か面白いアイデアにつながるのではないかと思い、買い物ついで、アレコレとゲームのアイデアを日々考えております。

いつかそれが面白いゲームにつながると信じて、今日も買い物に出掛けるとします!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/11/post-50aec7.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)めてお☆いんぱくと

心地よい秋風が吹き抜ける今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?
どうもブログ当番のS・Mです。

さて、時が遡ること7月後半、地球に危機が訪れたことをご存じですか?
直径約100メートルを超す小惑星が日本時間の25日午前に地球に近く通過しました。
もし、地球に衝突していたら東京都全域が壊滅的打撃を与えるほどの被害規模のようでした。
驚くことに、その小惑星が初めて発見されたのが前日の日本時間24日!!
その翌日に地球から約7万2000キロまで接近したとのことです。
7万2000キロと言われても……あまりイメージが湧きませんが、どうやら地球と月の距離の約5分の1だそうです。
これは天文学者にとってニアミスで、アルマゲドン的なシナリオが起きてもおかしくなかったそうです。

今回の件で隕石について興味が湧き、調べてみました。
地球に接近する軌道をもつ天体のことを「地球近傍天体(ちきゅうきんぼうてんたい)」と呼ばれ、各国の天文台等が常に監視をしているようですが、実は…直径100メートル程度の隕石は地球に接近しないと発見できないことがあるみたいです。
NASAによれば、20メートル超える隕石は1000万近く存在し、それらを全て追跡することは困難だといわれています。

7月に接近した隕石は100メートルを超すとはいえ、比較的まだ小さい方で軌道も通常とは異なり、速度が非常に速かったため、発見が遅れたようです。

もしかすると気づいた頃には都市部に衝突し、人類に未曾有の危機が来る可能性が起きるかもしれません。
今まで隕石による恐怖はなかったが、今後はどうなるかわかりません。
明日隕石が衝突!!ということもあり得ます。

…平凡な日々を繰り返すだけ。
…普通過ぎる毎日に飽き飽きしている。
しかし、そんな日がいつか終わりを迎えるかもしれない。
その時、改めて感じるのでしょう。
なんだかんだ言って平凡や普通が一番の幸せだった…ということを。
更に過去への後悔が蘇り、自分の未熟さに憤りを感じるはずです。
だからこそ、人生にインパクトを与えて、笑える人生を送ることを目的に今を生きていくことが大事だと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/10/post-4cb523.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)煩悩を捨てる

おはようございます。
暦の上ではもう秋ですが、まだまだ暑い日があったり、なかったりとせわしない天気が続きますね。
暑いのが苦手なので早く冬になってほしいプランナーのM・Oです。

私事ですが、つい先日広島・宮島旅行に行ってきました。
宮島は初めてですが、広島は学生のとき以来になります。
今回は世界遺産を巡るというのをテーマとして「原爆ドーム」や「厳島神社」に行きました。
また、リニューアルされた「平和資料館」にも行き、以前来たときより新しく展示されたものが沢山ありましたので、2回目でも改めて学ぶことができました。

宮島では主に「厳島神社」や「大聖院」を観光していたのですが、昔ながらの建物と自然が溢れる場所で、一歩建物を出ると野生の鹿がうろうろしている、珍しい光景も見られます。

Img_20190925_01

「厳島神社」といえば某ゲームのキャラクターが記念奉納の舞をした場所ということもあり、聖地巡礼の気分で写真を撮っていました。
朝早く行ったので人も少なく、海に浮かぶ大鳥居をゆっくりと見ることができました。
そして、記念に厳島神社でおみくじを引くと「向吉」という謎の文言。
調べて見ると「吉に向かう」という意味で小吉~中吉の間らしいです。
幸先のよいおみくじを引けて、意気揚々と巡ることができました。

Img_20190925_02

「大聖院」ではオリジナルの数珠を作れるということで、ゲームの推しキャラをイメージした色の数珠を作成しました。
キャラクターのファンの中には、自作のグッズを作って応援する人もいますが、不器用で推しグッズなど作れない私でも作れたし、数珠は普段使いできるので、本当に良いものが作れたと思います。

また、穴めがけて玉を投げ入れると願いがかなうという「願い玉」に挑戦しました。
私はひたすら「ガチャ運くれ・・・ガチャ運くれ・・・・!!!」と怨念のごとく願っていました。
ちなみに玉は見事に1球目で入ったので「これはなんでもいけるんじゃないか」と思っていました。
ですが、ここは願いを叶える万能の場所ではなく、あくまで神社仏閣なので「煩悩」を捨てろという教えがいくつも書いてありました。

はい皆さん、このあとの展開お分かりですね?

煩悩にまみれ、謙虚に敬う心を忘れた私に罰が下りました。
坂でド派手にこけてズボンが破れるくらいの怪我をしました。
そして、ガチャを引いても目当てのキャラは全くでないという・・・。

煩悩を捨てて謙虚な気持ちでいるということはとても大切な事ですね。

この広島・宮島旅行では、本物の「戦争の悲惨さ」に触れて、改めてゲームクリエイターとして様々な世界を描くなかで何かできないかを考えるきっかけになりました。
そして、何事にも謙虚に向かう気持ちが大事ということも学びました。

たまにはゲームから離れて、様々なところに足を運びリアルな体験をするのが大事ですね。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/09/post-1045a7.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)小さな頃に遠い未来のことだと思っていた世界

おはようございます。本日のブログ当番、プランナーのJ.Hです。

今年の春の中頃の話にはなりますが、『ゲーム実況』や『VTuber(バーチャルYouTuber)』についての知見を社内でも広めようということで、これらの事柄を改めて調べてみて、社内勉強会を開いてみました。

それぞれの界隈の歴史や現在活躍されている方々の紹介、活動環境や経済的な面、ゲーム開発との関係性、今後の展望等々。
主な講演方針としては、慣れ親しんでいない層に向けた内容としつつ、社内で情報の共有をすることができたように思います。

Vtuberの昨今といえば、身近に見かけたり触れあったりといった機会が増え、実際にVTuberのみのイベントが大きな会場で開催されていたり、テレビや道先の看板でも見かけたりするようになってきています。
今以上に認知度が上がり、キラーコンテンツ等と呼ばれるものと関わりを持つ事で、今後も広がりを続けていくのではないでしょうか。

バーチャル界隈に関わる事象として『VR』や『AR』の発展の話題も欠かせません。
自身のイメージとして、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着すると、“同時視聴や並行作業ができない””外界が見えない事が不便” ”遊びたいコンテンツが不足している”といった印象も多かったのですが、それらもHMDの性能等ハード的な面で解消されつつあり、より自然により多くのことがバーチャル空間内で出来るようになっていたり、深く楽しめるコンテンツも増えていたりしています。

近い未来、5GやWi-Fi6 といった高速通信によりケーブルもラグも無くし、手軽かつ身近にバーチャル世界に触れる事ができるそうです。

映画や漫画アニメなどで夢見ていたような”リアルとバーチャルが融合した世界”や、“自らの身体をアバターとしてゲーム世界に飛び込む”といった事が、ついに現実として起き始めているなどと思い返すと感慨深いです。

情報や進化のスピードが目に見えて速く、たった数ヶ月で変化が生じるバーチャル界隈。
自身も速さに置いて行かれないようアンテナを広げておきながら、今後あらゆる相互作用による技術発展や、ゲーム開発業界との繋がりといったものを楽しみにしていきたいと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2019/08/post-07b2d3.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0)

より以前の記事一覧