プランナー

2017年6月15日 (木)勉強は続くよ…どこまでも

おはようございます。sun
低コスト高カロリーな安物グルメが大好きnoodlefastfood、BMI高めだけどエンゲル係数低めな今週の当番、プランナーのK.Mです。

このたびブログがリニューアルされ、一週間に一度、職種の代表者が職種にちなんだ濃いめのブログ記事をお届けするかたちに変わりました!

初回はゲームプランナーを代表してプランナーの中で一番の古株であるワタクシ、K.Mがお送りします。

記念すべき第一回目なのでゲームプランナーのどんな濃い情報をお届けできるか色々考えました。
で、やはり初回は「勉強会」かな…と。

なんで「やはり」なのかは、あまり分かりませんが…。

今回はプランナーがこれまで繰り広げてきた「プランナー勉強会」の熱い歴史を振りかえってみたいと思います。

●「勉強会」とは…
------------------------------
これまでのブログでも色々な人が語っていたかと思いますが、アクセスゲームズでは各職種ごとに勉強会を開催しています。

ゲーム制作のプロジェクト業務を遂行する…にとどまらず、より広い視野を持ち新しい知見を得るために各員が興味を抱いたテーマを独自に研究して社内に向けて発表する
…それが「勉強会」なのです。
------------------------------

プランナーは2011年の夏ごろからほぼ月一で開催してきました。
先月の勉強会で実に53回を数える歴史深いイベントになっています。

プランナーがどんな勉強会を行ってきたのか?
これまでの勉強会からいくつかピックアップして見てみましょう。

●プランナー勉強会例
------------------------------
第01回「ゲームエンジンの巻」
第06回「TVゲームにおける特許について」
第08回「ゲーム開発において守るべきルール・レーティング編」
第09回「CM演出から学ぼう!」第10回「レイアウトデザインに学ぼう!」
第11回「監督で観る娯楽映画の系譜」
第12回「遊んでおくべきゲーム」
第13回「見ておくべき深夜アニメ」
第15回「なんちゃってディベート」
第22回「ソシュールの記号論」
第23回「ワークショップ~マジック・ザ・ギャザリング~」
第24回「バリアフリーゲームデザイン」
第29回「ワークショップ~写本体験~」
第32回「ミシェル・ゴンドリー映像マジックの種明かし」
第37回「日本と海外は何が違うのか~ゲーム体験編~」
第38回「日本と海外は何が違うのか~ゲーム市場・開発編~」
第41回「これまで20年のゲームと今後20年のゲーム」
第42回「アナログゲームについて」
第43回「バグと向き合う」
第45回「お一人様の勧め」
第48回「なんちゃってグループディスカッション」
第53回「新人若手向け:ゲーム開発について」
------------------------------

いかがでしょうか?
堅めのゲーム論からゲームに関係なさそうな楽しげなものまで色々でしょ?
この幅の広さがプランナーという職種には必要なんです!

プランナーメンバーみんなで順番にホストを交代していくので、各自の趣味趣向にばらつきが出て、題材の幅を広げるのに一役を買っているようです。

そして、勉強会という堅苦しそうなイベントをタメになりつつもしっかり楽しめる場にする手腕もプランナースキルとして求められます。

なんでそんなスキルが必要かというと、ゲーム作りもそうだからです。

ゲームって、ユーザーに挑戦(やりごたえ)を用意しますが、苦しめるのではなく、最終的には楽しんでもらうためのものですからね。

●〆(しめ)のお言葉
これからもアクセスゲームズプランナーは勉強会で成長し続けます。

もしかしたら、学校卒業したら勉強しないでいいと思ってましたか?
いいえ。
勉強は続くよ…どこまでも。。。なのです!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/06/post-5be8.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)ゼロから始める英語生活

おはようございます。
本日の当番のプランナーのS・Mです。

さて突然ですが、皆さんは英語を話せますか??
大抵の方は英語が苦手なので話すことが非常に難しいと思います。

外国の方が観光で日本に訪れることが以前に比べて多くなっています。
街中で道を尋ねられた経験がある方もいらっしゃると思います。
ですが、ほとんどの人が……。

「言ってることはなんとなくわかるけど、どう答えていいのかわからない……。」

そういう経験が私もありました。
観光地に行くたびに、必ず話しかけられ、英語がわからず、沈黙してしまう事が多々ありました。

「少しでも英語が話せたら、外国の方と交流が深めることができるのに……。」

それは海外旅行の時にも痛感しました。
現地の人に話しかけようにも、どう喋っていいのかわからない……。
旅行の会話が出来ない……。
コミュニケーションが取れない。

このままではダメだ。
英語を喋れるようにならなければ。
悶々とした日々が続く中、私はついに決心しました。

「ガチで英語を勉強しよう!」

そして、英会話に通い始め、外国の方が集まるような場所に赴き、英語に触れる機会を作りました。

そこで、英会話や外国の方に教わってみると、学生時代に習っていた英語の勉強方法は実はあまり英会話の習得に向いていない事に驚愕しました。
英語の単語を覚えることも大切なのですが、なによりも出だしのフレーズや言葉の発想転換を鍛えることが習得の近道だということを学びました。

それでも、普段から可能な限り英語を喋るようにして、言葉を覚えるようにしなければいけません。
「継続は力なり」という言葉があるように何事においても地道な努力を継続すれば、やがて積み重ねが力となります。

日本人だから、日本語だけ話せたらいいのではなく、外国の方と交流できるためにも英語を学ぶことは必要かもしれません。

そうすることで新しい出会いや発見があると思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-8c4d.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)自然と遊ぼう

おはようございます、最近暖かくなってきているおかげで朝起きるのが億劫になっている本日当番のプランナー、T・Wです。

さて毎日都会のコンクリートジャングルでデスクワークをして、自然が恋しいなぁと思う今日この頃です。

というわけで私は田舎の山へ自然と戯れるイベントに参加してきました。
まず着いて驚いたのが、思いのほか参加者が多くて約20~30名ほどの方々が参加していました。

それに場所は大阪府内ですが、山の中に小屋が一軒だけ建っており、電気・ガス・水道が何も通っていない事にも驚きました。

20170414_01

当日天気はあいにくの雨でしたが、少しやんでいる間に山道を散歩してきました。

散歩の途中で自然のきくらげがあったり、竹林があったりなど普段都会では見れないようなものをいろいろ見ることが出来ました。

20170414_02

散歩から戻ったあと雨が強くなってきたので、テントを建てて夕食の準備をしました。

先ほども記載しましたが、その小屋にはガスは通っていません。

その為、初めてかまどと羽釜で米を炊くのに挑戦しました。

20170414_03

初めての炊飯だったため、かまどに火をくべて安定した火力にするのも大変でしたが、いろいろな人と協力してなんとか米を炊くことが出来ました。

初めて羽釜で炊いたご飯は今まで食べたどのご飯よりおいしくて感動しました。

その後も他の参加者の方々が作ってくれたつみれ汁や焼きしいたけなどを食べましたが、都会では食べれない添加物0の食事だったので、自然の味を堪能する事が出来ました。

20170414_04

20170414_05

初めての参加でしたが自然に触れたり、他の参加者の方と話したりしてとてもリラックスできたので皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-791e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)新社会人の皆さんへ

本日の当番、AMプランナーのKACKYです。

さて皆さん、新年度が始まりました!
会社にとっては、この4月が1年のスタートとなります。
気持ちも新たに邁進して参りますので、2017年度もどうぞよろしくお願い致します。

新年度の始まりと言えば、新社会人ですよね。
今朝の事ですが、ここ長堀橋でも、他の会社さんの新入社員らしき人達が先輩社員の方に引率され、どこかに出かけているのを見ました。
これから研修にでも行かれるのでしょう。

実際にやると、どん引きされると思いますが、そういうのを見ると、「頑張れよ!」って声かけそうになりますね。
どんな仕事であれ、日本の社会に貢献する者として、どうも仲間意識をもっちゃいます。


さて今年、昨年に社会人になった人達に伝わればと思いますが、僕が新入社員の時に、先輩から言われた言葉で、記憶に残っている言葉があります。

「新人のあいだは、先輩に言われたことは『はい』『イエス』で答えよ!」

という言葉です。

つまり一人前にもなっていない間は、先輩の誘いや仕事は断ってはダメですって事です。

このご時世、「そんなの上司の横暴だ!」「パワハラだ!」、そう言う言葉が出てきそうですが、これは立派な教えの一つです。

商売が成立する為には、ある人が必要です。
それはお客様です。

特別な業種はさておき会社の仕事は、必ず誰かの為に存在します。
お客様の要望に「はい」と答え、期待に応える事が、すなわち【仕事】なわけです。
では新入社員にとってのお客様にあたる人は誰か?
誰の期待に応えなければならないか?

そうです。
会社の先輩です。

お客様と違って先輩達が金銭的な利益という【徳】を払ってくれるわけではありませんが、知識や経験という決して減る事のない、【徳】を与えてくれます。
つまり断ってしまえば得られるはずだった、知識や経験も無くなってしまうわけです。
お金という徳を求めて、社会人になったかも知れませんが、得られる徳はお金だけではありません。

時にはきつく叱られる事もあるかも知れませんが、断ることは二の次にして、どうすれば実現できるかと言う事を想像し、先輩の期待に応える為に努力する。
それが仕事の本質を理解する事でもあり、あらゆる徳を得られる可能性が広がります。

もちろん私の解釈の部分もありますが「新人のあいだは、先輩に言われたことは『はい』か『イエス』で答えよ!」という言葉にはそういう意味があります。

新社会人、新入社員の皆さんを心より応援しております。
それではまた。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-660d.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)冒険

おはようございます。
土曜日に誕生日を迎えた、本日のブログ当番、プランナーのO.Oです。

誕生日の話でもしようとか思ったのですが、ある程度歳を重ねると、もう誕生日なんてどうでいいや!
となる(そこに至るにはとても長いお話になる)ので、止めておきましょう。

私は、冒険好きです。
マクガイバーにはとても叶いませんが、自転車に乗ってフラフラと遠出したり、
新幹線にのって日帰りで関東圏へ行ったり、MMORPGでまだ見ぬ地を探索したりと、日々冒険を楽しんでおります。

小学生の頃は、変速機をガチャガチャさせながら自転車に乗って、校区外へと冒険に出かけて、翌日なぜか学校にばれて、校長室へ・・・

人生の中で校長室に呼ばれるというシチュエーションは、小学生くらいでした。

ちなみに、校長室に呼ばれたのは1回や2回ではありません。
昔からよく言います、冒険には危険がつきものだと!

しかしそんな私も、歳を重ねるにつれ、冒険の場は、アウトドアーからインドアーへ

インドアーな冒険、ゲームの中にある世界は、昔と違ってリアルなものになり、それこそ小学生の頃に漫画やアニメで夢みた冒険の地が目の前に広がってるとあれば、冒険せずにはいられません。

そんなゲーム中の冒険も一番長くやってるもので累計時間を見たら、482日と9時間19分56秒でした。一年を軽く越す日数を費やしていました。(自分もビックリ!)

そんな時間を忘れて夢中になれる冒険を子供のころに夢見た世界を自分も作りたいと思い、この業界に飛び込んだ私ではありますが、残り超える山はまだまだ沢山あります。

それを1つ1つクリアして行く事で、皆さんにも楽しんでいただけるような冒険を作るのが私の今の目標です!

これまでのアウトドアーやインドアーの経験をゲーム作りに活かしていき、これからも未知なる冒険を求めていこうと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-757f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)柔軟

おはようございます。sun
本日のブログ当番新人プランナーのY.Kです。

仕事を始めてから一年近く、 実はちょっとした悩みが生まれています。
ズバリその悩みとは...体のコリです!!
やはり仕事柄、PCの前に座って長時間仕事をする事が多く、 いつの間にか体がこり固まっていました。coldsweats02

業務に直接関係はなさそうな悩みのような気はしますが、 体が凝っていると、集中力や作業効率などにも少なからず影響してくるため 早めに対処しておきたいものです。

というわけで最近は体が固まってきたと感じたらストレッチをするようにしています。
と言っても業務中に地べたに座ってストレッチする訳にもいかないので、 椅子に座ったままできるストレッチです。

また、ちょっとした移動の際は立ってストレッチを行えるチャンス、 お手洗いで席を立ったついでに、しっかりと足をのばしてコリをほぐしましょう。

そのかいあってか、いつより業務に集中できるようになりました。

と、こんな具合に業務に直接の影響がなくても、障害となりそうな悩みは 柔軟に対処していくことが重要なのかもしれませんね。

それではまた。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-fe32.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)大阪に無いって本当ですか

おはようございます。sun
本日のブログ当番、プランナーのR.Oです。

皆さん大阪焼きをご存じでしょうか。
丸い型に入れて焼くお好み焼き風な食べ物なんですが、 大阪では一般的ではないそうです。

子供の頃に屋台で買って
「大阪すごーい!美味し-!」
と思っていたのはどうやら幻想だったようです。think

大阪焼きなのに大阪にないなんて…
というのが最近一番の衝撃でした。

さて、話は変わりますが4月ですね。新年度です。
4月から新社会人です!という人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな新社会人の方々へのアドバイスを。

企画力、デザイン力、プログラミング力。
ゲーム会社で働く上で必要なことはいくつもありますが、 この辺が最初から完璧な人はいないので、すぐに活躍するのは難しいでしょう。

では入社後すぐに実践できて、求められるものとは…

それはではないでしょうか。

・報告
上司への作業の経過や結果を知らせる

・連絡
関係者へ業務等の情報を伝える

・相談
判断に困ったときに参考意見を聞く

どれも簡単なことですね。
以前にも書かれているかもしれませんが、新年度なので改めて。

ゲームを作るというのは、多人数で行うのがほとんどです。
ここで報連相を怠って情報の齟齬が生まれると、後々大問題になりかねません。
細かい情報共有はゲームを作る上で必須です。
色々な人に話しかけることになるので、コミュニケーションも取れて一石二鳥!

報連相を極めたら彼女ができて筋肉もムキムキになりました!!!とはならないと 思いますが、本当に大事なことです。

報連相を知っている人も知らなかった人も改めて意識してみるといいですよ!!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-f65a.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)リアル勇者になりました

おはようございます。sun
本日のブログ当番のM.Oです。

4月に入り、新年度になりましたね。
この時期になると通勤中に新しいスーツを見かける機会が増え、もう春になったんだなぁと感じます。cherryblossom

さて話は変わりますが、先日ゲームが元になった脱出ゲームに参加してきました!
私は脱出ゲームに参加したことがなかったのですが、友人に誘われたので行くことにしました。

しかし、私の脱出ゲームに対する印象はあまり良くありませんでした。

・謎解きが好きな人しか楽しめなさそう……
・リア充しかいなさそう……
・元ネタの要素がなさそう……
・そもそも面白くなさそう……

みたいに否定的な意見しかなく、不安でいっぱいでした。think
なので、せめて限定グッズだけ買って楽しもうと考えていました。

しかし、いざ脱出ゲームの会場に入るとゲームキャラのPOPがあったり、 ゲームのBGMが大音量で流れていたりと至る所にゲームの世界が表現されていました。
テレビの中にある世界がリアルにあるぞ!という驚きから私は謎のテンションに包まれました。

ゲームの内容は割愛しますが、最初の不安はいつの間にか忘れて、終始和気藹々と楽しんでいました。

脱出ゲームの結果は脱出失敗でした。
ですが、元ネタのゲームをリスペクトした問題の内容や答え、 脱出ゲーム用に作成されたゲームのカットシーンを見て、 感極まってうるうるしてしまうほどゲームにのめり込んでいました。happy01

普段はテレビゲームを作っていますが、デジタルのゲームからリアルである脱出ゲームになって、 本当にゲームを体験しているかのように遊べるのはとても新鮮でした。
もちろん、現実世界なので敵と戦うわけではないし魔法が使えるわけではないです。
それでもゲームの世界とシンクロしている錯覚に陥ったのは事実です。

遊び方はテレビゲームと脱出ゲームで違いますが、楽しさの本質は同じだと思います。
テレビゲームという括りにこだわらず、多くのゲームに触れて知見を広げていきましょう!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-ae06.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)おとなの掟

おはようございます。sun本日のブログ当番、プランナーのJ.Hです。

ゲーム開発の現場では、会社の備品や社員の人からにより、 比較的容易にゲームソフトや機器を借りる事が出来たりします。happy01

売り切れだったり、手が出せない値段だったりするモノも 借りて試しやすい環境というのは、研究や遊びにもとても重宝します。
ゲーム開発職に付いてくる嬉しい特権とも言える気がしますね。

最近ではここぞとばかりにVR(VirtualReality)機器を借りてみては 大いにVR体験をする事ができ、ありがたく感じています。

VRに関して、情報や知識としては色々と得ていたり、 たびたび試遊や体験会などで経験もしていたのですが いざ自宅でじっくりと、そしてあらゆるジャンルを体験してみると 良い意味でも悪い意味でも"思う所"が想像以上に存在しておりました。

伝えやすい所として、過去に僅か程度のVR体験をした限りでは 自分はそうそう酔わない体質なのだと思っていたのですが、 いざじっくりと、そして機敏な動きのプレイを試してみたりすると やはり酔いというものは起きてしまい、しかも プレイの継続が困難になったり、酔いが回復するのに たいへん時間が掛かったりしてしまいました…think
(自己責任で耐久プレイをした結果で自業自得ではありますが)。

巷で言われているような極々普通の感想ではあるものの、 自身にとっては今までの経験や想像では思いも寄らなかった体験で ショックを受けては心に刻み込まれる体験となりました。

安易な想像でのVR仕様では容易く"机上の空論"となり兼ねません。
体調の良し悪しやプレイ内容により酔う頻度が違うのは確かとはいえ 今回の経験により、プレイヤーや背景が激しく動くような仕様を切る などということは安易には考えなくなるでしょうし、 仕様の"掟"としてあらゆる工夫をもって酔いへの対策を講じる事を 重きに考える事になるでしょう。

とはいえ、そういった"掟"も大事ではあるのでしょうけども "掟やぶり"に激しくて心地も良いVRというものも体験してみたい というのもまだまだ"思う所"です。

ともあれ、VRに限らずあらゆるゲームや映像作品においても なのですが、パッと見や手触りだけで分かった気になるのではなく、 なるべくならば深くまでじっくりと向き合っていって 経験をする必要もあるという事を改めて思い、 また一つ"おとな"になったような今日この頃でした。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-d7e2.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)ランチで紐解くお仕事術 ~ぶらりグルメ探訪2~

おはようございます。本日の当番、プランナーのY.W,Srです。
4月に入り、徐々に暖かくなってきた今日この頃…
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
4月といえば新しい年度の始まる月!
私も何か新しい事に挑戦していきたいと思います。

さて、実は一月ほど前にGDCを視察するため、サンフランシスコに出張して参りました。airplane

私は今回が初めての海外出張だったので、出張中は新鮮な体験で一杯でした。
GDCのセッション視察では英語を理解するのに四苦八苦しましたが、普段は得難い知見が得られました。
また、GDCだけでなく出張中に体験したアメリカの文化全てが、私にとっては全く新しい体験でした。

そんなわけで、本日のグルメ探訪はサンフランシスコ出張版。
アメリカンなお食事についてお話したいと思います。

今回見つけたのはコレ。

20170402

ふらりと入ったダイナーで食べたホットサンドです。
一見地味な印象で、パッとしない料理に見えます…。
しかし!
じっくり見てみるとこの一皿の端々に、強烈なアメリカらしさが溢れていることがわかります。

ホットサンドに何重にも挟まれたチキンとチーズ、
輪切りではなく、縦に切られたでっかいピクルス、
そして、それらにかぶせるように盛られた大量のポテト!

巨大なステーキや分厚いハンバーガーのような派手さは無くとも、細かなところでさりげなくアメリカンな感じをアピールしています。
こういった細かい部分へのこだわりこそが大事なのではないでしょうか。

料理だけでなく、ゲームデザインでも同じです。

ゲームのメカニクスを考えたり、仕様を作ったりする際、ついついスゴイことをやろうとしすぎて、突拍子の無い内容になってしまったり、仕様を盛り過ぎてしまうことがあります。
しかし、そういうものに限って、細部の整合性が取れていなかったり、微妙に他の仕様と噛み合わなかったりするものです。

やはり、ゲームデザインをする上では細かい所まできちんと考え、ゲーム全体の完成度を高めていくことが大切なのだと思います。

…夜霧に濡れる桑港の地でホットサンドを頬張りながら、そんな事をぼんやり考えた次第でありました。

皆さまもランチを食べながら(今回はディナーでしたが)、日々の仕事を振り返ってみてはいかがでしょうか。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2017/04/post-270a.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧