CGデザイナー

2018年11月15日 (木)京のかたな展に行ってきました!

おはようございます。本日のブログ当番、新人デザイナーのH.I.Kです。
最近、秋の雰囲気になってきましたね。
2018_11_07_1

秋晴れの中、友達と京都国立博物館に行きました。
2018_11_07_2

現在、京都国立博物館は「京のかたな」と言う特別展示会をやってます。
2018_11_07_3

並んでる人が非常に多く1時間ほどでやっと入場できました。
2018_11_07_4

展示会は前期(9月29日から)と後期(10月30日)に分かれており、後期から展示されている一部の刀の入れ替えがあります。
私が行ったのは前期の後半、京都大覚寺所有の膝丸と北野天満宮所有の髭切の共同展示を見に行きました。
兄弟と言われるこの二つの刀の保存場所は共に京都ですが、一緒に展示することは少なく、今回は大変貴重な機会です。
後期なので、髭切はもう北野天満宮に返却されていますが、膝丸はまだ展示中です。兄弟が会える期間は本当に短いです。
そして、普段は東京国立博物館に保存されている、三日月宗近も近くで見ることができました。
展示されている刀は200本以上で、全部見ると4時間以上かかりました。

全国で保存されている有名な刀を、関西で一気に見れる珍しいチャンスですので、お勧めです!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/11/post-d85e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)熱い戦いは続く

おはようございます。
CGデザイナーというか最近は主にマネージャーの岡本です。

いつの間にか夏も終わってしまい、急に涼しくなってきましたね。
タイガースが最下位('A`)に終わった影響?もあり…

しかし野球好きにとってはまだ熱い戦いは終わりません。
高校野球好きにはたまらない季節なんです。

え?夏の甲子園は終わったって?
大阪桐蔭の春夏連覇と金足農業フィーバーは記憶に新しいですよね。

しかし!

既に来年春の甲子園大会出場をかけた地区予選が繰り広げられているんですね。
3年生が引退した後1~2年生たちによる新チーム最初の大会です。

元高校球児である私は甲子園大会をテレビ観戦たまに現地観戦をする程度だったのですが、ふと予選を近所でやっていることに気づき最近予選から観戦するようになりました。

甲子園大会と違って球場の規模は小さいですが観客が少ないこともあり、かなり近くで観戦できるのが大きな魅力です。
打球音はもちろん球児達の掛け声や応援・ヤジなどもよく聞こえます。

プロ野球選手になるかもしれない球児達の高校時代のプレーを見られるというのは中々に良い感じ。

『俺が育てた』ってやつですね。実際は観てるだけですがw

先日も大阪予選準決勝と決勝、近畿大会の1回戦を観てきました。
大阪大会の決勝は履正社対大阪桐蔭という強豪同士の組み合わせでしたが、今夏優勝した大阪桐蔭の3年生しかもドラフト1位指名されたあの球児も、近くで観戦していてちょっとお得感もありましたw
お気に入りの球児も見つけたのでプロ入り?まで応援しようと思います。

20181101_01
↑は近畿大会1回戦、神戸のスタジアムの写真です

球児たちに元気をもらい今日も仕事に励んでいます!
皆さんも気分転換にいかがでしょうか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/11/post-c806.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)日常にもエフェクト

おはようございます。
デザイナーのH.Nです。

最近YouTuberと呼ばれる方々がよく話題に上がります。
テレビや雑誌に取り上げられたり、特に小学生に大人気だそうです。
それほど人気なYouTuber。
そんなYoutuberたちも人気を獲得するために、さまざまな方法を使って差別化を行っているようです。
私が見てきた動画の中では、オープニングやエンディングに凝った映像を使うYouTuberが多いと思いました。
本編の中でも、カット割りやテロップの入れ方等の編集の部分にすごく力を入れているように感じました。
例えば、某YouTuberの動画のはじまりでは、水をモチーフとしてオープニング映像が自作されています。
その映像では水しぶきや、画面につく水滴等のエフェクトもしっかりと作りこまれていました。
音や動きだけでは表現しきれない部分をプラスするのがエフェクトです。
(用途によって多少意味合いは変わります。)
私は今、そういったエフェクト制作の仕事に携わっています。

でもそんなものが無くても映像として成り立つんでしょ?とお思いの方もいるかと思います。
その通りなんです。でも無ければ物足りない。なにかわかりづらい。
エフェクトには画面全体を華やかにしたり、今何が起こっているのかをわかりやすくする役割があります。
皆さんが普段見ているテレビや映画、ゲーム等、映像に雰囲気を出すために煙や光を足していたり、風を視覚化したり、キャラクターが纏っているオーラや、攻撃が当たったときに出る火花や衝撃波もそうだったりします。
エフェクトって意外と使われているんです。

エフェクトに興味のある方は、あ。これエフェクトかな?って思いながらテレビとか見てみてください。
(面白い発見があるかも!)

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/10/post-709b.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)秋イベント

おはようございます。本日の当番、新人デザイナーのN.Nです。

初めての投稿になる今回は9月15日に行われた社内秋イベントの、BBQについて書こうと思います!
今回の写真はプログラマーのTさんからお借りしました。ありがとうございます!

2018_0925_01
会場はホテル・ロッジ舞洲の森とリルのBBQフィールドで、当日の天気は晴天とはいかず、雨が降ったりやんだりの天気だったのですが、BBQ会場は雨天でも問題なしの屋根付きで雨を気にすることなく楽しめました!

会場に入ったらまずお店の方からの説明を聞き、いざBBQ開始です。
2018_0925_02  2018_0925_03
今回は4人以上から頼む事ができる本格BBQメニューで、お肉はもちろん焼きおにぎりやポテトグラタンなど、いろいろ味わえる豪華なコースでした!
グリルに準備された食材を皆が思い思いに乗せ焼いていきながら、お酒をのんだり、いろんな方とお話をしたりととても楽しい時間を過ごしました。
今回のイベントには社員の家族も参加し、小さな子はお父さんに手伝ってもらいながら、一緒にお肉を焼いたり、会場内にのびる人工の小さな川で遊んだりしていてとても楽しそうでした。
最後には遊びつかれてお母さんの膝の上で重いまぶたをこする子も…

そして今回そんなBBQの中で一番インパクトのあった物を紹介したいと思います。
それは…ビア缶チキン!
2018_0925_04
ビア缶チキンは調理後の見た目もさることながら調理の過程もなかなかのインパクトでした…!
どの様に調理して行くのかと言うと、まずビールを缶の半分まで飲み、その缶を丸々一羽の鶏の穴に入れて火が通るまで焼く。
と言うとても豪快な調理法で調理の光景に一部からざわめきが起きていました。
そんなインパクト満載のビア缶チキンの味は……とても美味しかったです!
ビールが鶏の中で蒸発しながら火を通しているのかとてもやわらかく、味がしっかりお肉に染込んでいて、見た目も面白く味も美味しい最高の料理でした!
気になった方はぜひ調べてみてください!画像でもそのインパクトが伝わると思います!

そうして楽しい時間も過ぎ皆さんで片づけをして、帰りのバスに乗り遅れて、右往左往しつつ無事に帰宅しました。
今回は写真を撮りそびれてしまったので、また次には色々な写真を撮りながら楽しみたいと思います!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/10/post-9cfe.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)帰省してきました

おはようございます。
本日のブログ当番、デザイナーのA.Eと申します。

本日は、休暇をいただき、帰省先の九州からお送りいたします。
遠隔地からブログ記事を送信できるなんて、便利になったものですね。
私が若い頃は・・・長くなりますのでやめておきますね。

さて、本題です。只今、私の郷里、長崎県は佐世保市に来ています。
食いしん坊な私なので、先ずは食べ物の話題から・・・。
帰省前から、とにかく食べたかったのが新鮮なお刺身です。
佐世保市は、水産業が盛んなだけにスーパーに並ぶお刺身も新鮮で安く、とにかく美味しいです。
写真は、ヒラスと鯛、食感もコリコリとして味も美味
ついついお酒が進んでしまいます・・・。
20180824_01

食べ物の話題ばかりする訳にもいきませんので、ちょっとした観光のお話も。
佐世保の港には外国からの客船が停泊しておりその巨大さに圧倒されました。
大きなマンションがそのまま海上に浮かんでいるような光景です。
海上自衛隊の艦艇の一般公開にも参加してきました。
20180824_03  20180824_04_2

佐世保の港を堪能した後は、佐世保市内を一望できる弓張岳展望台へ
先程の佐世保の港や造船所、小さな島々が点在する九十九島などを一望することができました。
九十九島というのは25kmにわたり島々が点在しており、その密度は日本一だそうです。
20180824_02

ハウステンボスなど魅力がいっぱいの佐世保市にお越しいただければさいわいです。
ふるさと佐世保の魅力をもっとお伝えしたいのですが、本日も何かと予定がありますので、このあたりで失礼します。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/08/post-d82e.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)現代に生きるモリスの作品と思想

おはようございます。
本日のブログ当番、デザイナーのT.Wです。

私は美術やデザインの展覧会などに時々出かけていますが、今回は京都で開催されていた「ウィリアム・モリス展」に行って来ました。

ウィリアム・モリス(1834-1896)は19世紀イギリスの人物で芸術家・詩人・作家・社会運動家など様々な肩書きがありますが、今回はデザイナーとしての作品に焦点をあてた展覧会です。
植物や花、鳥などをモチーフにした装飾デザインで現代では壁紙やカーテン、織物などが有名どころです。
華やかなシームレスパターンには「精緻に計算された美」を感じますね。

展示会場は天王山の中程にある「アサヒビール大山崎山荘美術館」でした。
この日の京都も猛暑でしたが、展覧会終了間際ということもあってか入場するのに少し待ちが発生する位の込み具合でした。

▼美術館は天王山にある山荘。かなりの坂道を登って行くと…
20180725_1_2

▼敷地入り口はトンネルになっていました。ここから山荘まで立派な庭園が続いています。
20180725_2

▼庭園の山道を登ると山荘が見えてきました。ロマンを感じるレトロな建物です。
20180725_3

▼美術館に隣接して蓮池がありました。
20180725_4

喫茶が楽しめる眺めの良いテラスがある、との事でしたが行列が出来るほどの盛況ぶりだったため断念。

モリスの作品以外にも、彼の生涯やその中での思想・活動の紹介がされていました。

モリスの作品の意義は産業革命が頂点に達し低品質大量生産が当たり前になった時代に、手作りで行う物作りの楽しさや職人的誇りを取り戻そうと活動したとの紹介に現代にも通ずる思想に共感しました。

モリスは同好の仲間を集め、生活の中の美を求めて共にデザイン活動を行ったとも紹介されており人それぞれの特色を活かし、知恵を集大成することのすばらしさに啓発されました。

モリスは幼少の生活体験がのちの自然モチーフデザインの源泉となったとの紹介もあり、人間の芸術性は大きく環境に支配されるのだと痛感しました。

100年以上前の人物ですが、今日の私たちにデザインにかける情熱や誇りを伝える催しとなっていました。
画面や文字を彩る装飾デザインは関わる頻度の高い分野なので、今回の展覧会では多くの刺激を受けました。
今回の経験を糧として、また次の展覧会に出かけてみようと思います。

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/08/post-862f.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)資料集めって大事

おはようございます。
自然が恋しいあまりに観葉植物を育てたい、背景CG担当のH.Tです。

最近、趣味のイラスト作成が白熱しております。
きっかけは、「資料集めって大事だな!?」という学びからです。

会社に入って背景の仕事をしていると、自分でオブジェクトのデザインを考えることが多々あります。
私にはたいした知識がなかったので、考える当てがなく何も思い浮かびませんでした。

このままではいけないと危機感を感じ、ネットで画像を探して世界の美しい建物や綺麗な植物など、興味の湧くものを見つけてはスケッチを取るようにしました。 そうしたら、デザインの引き出しが少し増えて、ある程度のデザインならできるようになりました。

この方法で一番ためになったのは、資料集めの癖が付いたことです。

趣味のイラストを描いていた時、そのありがたさを実感しました。

今まで「こういう絵が描きたい!」と頭の中でモワモワ考えていても、「ここはこんなでいいや」と知っているもので構成してしまい、最終的に地味な絵になっていました。

しかし、先日はいつもと少し違いました。
なぜなら資料集めをしたからです!

いつもなら、服などのよく分からない部分を単純なものにしてごまかしていたのですが、その時はインターネットを使いパーツごとに細かく調べて、どういうバリエーションがあるのかを探しました。
そうすることで、自分の知らなかったものの構造が分かってしっかり描けるようになり、イメージしていたよりいい絵になったのです!

今では、よく知らないものでも「調べればいいや!」という気持ちになり、何でも描けそうな無敵感があるので絵を描くのがとても楽しいです。

こうやって仕事中に学んだことを趣味で試したり、趣味で閃いたことを仕事に取り入れたりできるのはこの職種のいい所だなぁと思います。

これからも、楽しくイラストを描いていきたいと思います。

これは資料集めができるようになる前の絵ですが載せておきます。

Img_20180706_2

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/07/post-ddc7.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)カメラの設定を使いこなしたい

おはようございます。CGデザイナーのN.Tです。

現在キャラモデラーとして日々働いているわたしですが、学生の頃はアニメーションの勉強をしていました。
アニメを一本まるまる自分で作り上げるフローを学んでいたので、キャラや背景のモデリングやモーションはもちろん、それらを写すカメラのことも勉強していました。

と、前置きはさておいて。学生の頃はカメラの知識を深める為、実際にミラーレス一眼を購入して様々な所に撮影に行っていたのですが、先日自宅PCの整理をしていたときに写真のデータを発掘したので、カメラの話を混ぜつつ、載せてみようかと思います。

まず、デジカメやスマホで普段撮影している人は、機械が自動で最適な設定を行ってくれるので、いつでも"良い感じ"の写真を撮ることができると思います。
ですが、ガチで一眼レフ買って撮影行ったるでオラ!って人向けに、「どんな場所でも綺麗に撮影するための設定」について解説してみようと思います。

カメラでまず覚えるべき設定は以下の三つ。

・絞り(F値)
・シャッター速度
・ISO感度

これ。この三つ。
これさえ覚えればあとはどうとでもなります。

「絞り」とは「光の量を調節できる値」であり、画面に発生する「ぼけ」の要因にもなります。この値が大きければ大きいほど絞りが強くなるので、光の量は少なくなりますが、画面全体が鮮明に写るようになります。
目を細めて物を見ると、ハッキリクッキリと見える代わりにちょっと視界が暗くなる…そんな感じです。

「シャッタースピード」とは、文字通り「カメラがシャッターを下ろす速度」です。速ければ速いほど、動くものが鮮明に写るのですが、カメラが十分な光を取り込む前にシャッターが落ちてしまうので、画面全体が暗くなってしまいます。

「ISO感度」とは「カメラが光を取り込むパワー」のようなもので、高ければ高いほど現実の物より明るく(露光して)写ります。ただし、無理矢理光を取り込むので不要なノイズが乗ってしまいます。

例としてはこんな感じで、、、
1

2_2

それぞれこんなデメリットがあります。
3

4_2

なので、絞り(ぼけるかぼけないか)とシャッター速度(ブレるかブレないか)をきっちり設定した後、ISO感度の強弱で画面の明るさを調整するのです。

梅田のキャンドルナイトに出かけた時の設定はこんな感じ。
5_2

あとは実際いろんなものを撮影してみて、適切な設定を感覚的に覚えていくことが大事かと思います。
もうひとつコツはとにかく枚数を撮ること。わたしは一回撮影に行くと200~500枚撮って、その中からより良い50枚程を選別します。奇跡の一枚が取れていることを信じて連射するんです。

最近撮影目的の散策を行えていないので、スキルを鍛えるためにも観光地巡りとかしたいですね…!
また沢山写真が溜まったら、次のブログでお見せしたいと思います!

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/05/post-6966.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)GW

おはようございます。
本日の当番のディレクター兼デザインリーダーのH.Fです。

おっぎゃー!!
とうとう、、今年のGWが終わっちまいましたね、、、。

しっかり療養をとって今週からエンジンフル可動で頑張るという人
逆にギリギリまで遊び過ぎて疲れが残ったままの人
家で酒飲み過ぎたり寝過ぎたりして少しいつもの調子が出ない人

など、様々なGW明けの週を体感している人がいるものと思いますが、休めた方は有意義な日々を過ごせたでしょうか?

私は久しぶりにある程度纏まった休みをとる事が出来きたので、子供の参観日で小学校行ったり近場ですが水族館など、諸々の施設や行事に行ってきました。

小学校の校舎などは実に2~30年ぶりに入るような歳w
学校によりけりで環境は変わると思いますが、子供の教室に移動するまでに色々と施設内を見回すと、私の時代では無かったPC&サーバールームや面談するカウンセリングルームなどがあり、「へぇ、、最近の小学校はやはり進んでるなぁ、、」と感心しつつ、いかに自分が地元の小学校の環境しか知らず古い知識だけで止まっていたのかを今更ながら痛感しましたw
しかもトイレが壁もパステルカラーで可愛くメッチャ綺麗でビックリ。
デザイナーとしてトイレを何度もモデリングしてきた身としては、ここは入らないと気が済まない!!
と行動が怪しい私に対する嫁の冷たい視線に耐えながら少し内装を視察w
しかし親になるか教育関係者の仕事に就かなかったら容易に入れなかったであろう施設と考えると、非常に貴重な体験でした。 まあ当然主目的は子供の参観日ですがねw

他、GWに行ったところとして子供達からのたっての希望でもあった近場ですが、大型水族館なども行きました。
で、、予想通り館内や水槽の前には人の行列でごった返しなので、移動するのも見るのもひと苦労w また館内は水槽の魚が観賞している人を見てストレスを感じさせないために、明るい水槽内の光がアクリル板に反射してマジックミラーの効果になるよう通路は暗くなっているので、

「わーwwスタンプラリーw」

「わーwwアザラシーw」

と動き回る子供達が暗闇で迷子にならないかをビクビクしていたので

「ちょっ、、魚どころじゃねー!!」

っていう状態でした。
(まあどこの家族連れもそんな感じでしょうかね?)

しかし当の行きたいと言った本人らは人の波を気にせず楽しんでいたので、相変わらず子供はパワフルやなぁ、、と改めて実感。
そんな私は魚を追う事が出来ず、せめてもと子供達を横目にデザイナーの性か水槽の水面や光彩を見て、綺麗やなぁーと光と水の表現を楽しんでいましたw

20180507_01

20180507_02

っとGWは家族サービスしていたことをブログで報告をしながらも、子供から解放される合間は酒と睡眠でグダグダと過ごす日々の繰り返しだった私は、なんか微妙に疲れが残った状態でのGW明けに打ちひしがれておりますw

GW皆さんは如何お過ごしでしたか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/05/gw.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)定時後の過ごし方

おはようございます。 本日のブログ当番、デザイナーのS.Sです。

「大阪造幣局の桜の通り抜け」に行ってきました。

今年は、桜の開花が例年よりも10日ほど早く桜がまだ咲いているのか不安でしたが 開花の遅い八重桜が中心な為、満開の桜を見ることが出来ました。 造幣局では、珍しい桜や新種の桜を見ることが出来るそうです。

今年の桜の通り抜けは4月11日(水)~17日(火)までと終了していますが 毎年同じような日程で開催されているようです。

Img_2874

アクセスゲームズから造幣局までは、大阪メトロを利用して約15分ほどで到着しました。

造幣局最寄の川原には屋台がずらっと並んでいます。

Img_2843

造幣局では、毎年数多くの桜の品種から一種を「今年の花」として紹介しています。 今年は、「大提灯」という品種の桜が選ばれていました。

Img_2879

日頃私たちがお花見などで見るソメイヨシノとは、花のつけ方が違う品種などもありました。

Img_2866

休日にはたくさんの人でにぎわう造幣局桜の通り抜けも平日ということものあり そこまで多い人ではありませんでした。

皆さんも放課後や定時後などを利用して、季節のイベントなどを訪れてみてはいかがでしょうか?

follow us in feedly
result = encodeURIComponent( "http://www.accessgames-blog.com/blog/2018/04/post-4ead.html" );document.write( "result = " , result );&media=https%3A%2F%2Ffarm8.staticflickr.com%2F7027%2F6851755809_df5b2051c9_z.jpg&description=Next%20stop%3A%20Pinterest">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧