« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月24日 (金)

Zev Leewit 「Deadly Premonition」開発者インタビュー

質問者:Zev Leewit
回答者:SWERY

---------------------------------------------------------------
※注意
本文は北米および、欧州のウェブサイト他で掲載された『レッド シーズ プロファイル』のインタビュー記事を日本語訳して転載した物です。
文中では、原文の雰囲気をできるだけ忠実に伝えるため、洋題である『Deadly Premonition』というタイトルをそのまま使用しております。

---------------------------------------------------------------

15_01

Most developers dream of making the #1 title on the U.S. sales chart. And you did it with a horror game that isn't called Resident Evil and without a ginormous advertising budget or loads of press coverage! That is no small achievement. How did you receive the news?
ゲームクリエータのほとんどは北米の売り上げランキング#1のタイトルを作る夢を見ているのです。SWERYさんは、壮大な予算もなく、ゲームのメディアでの扱いを少ししか受けない状況の中で、「BIOHAZARD」のように国民的タイトルでもないホラー系ゲームでその夢を叶えました。お見事です!そのニュースをどのように受け止めたのですか?

SWERY:
まず最初に、Deadly Premonitionをお買い上げくださった皆様、並びに話題に取り上げてくださったメディアの皆様、そして制作および発売までに携わってくださった、全ての人にこの場を借りてお礼を言わせて下さい。

心より感謝しております。そして愛しています。

一部の方からは酷評もいただきましたが、苦労して時間を掛けて作った作品なので、それだけ思い入れも強く、そういった部分も含めてDeadly Premonitionは私にとって誇りとなる作品です。

ランキング#1のニュースは私の人生で最もエキサイティングで、最も感動的で、最も忘れがたい事件の一つです。

 
 
Does the final product of Deadly Premonition resemble what was first planned? Were there manyrevisions or changes along it's development?
結局できた「Deadly Premonition」は最初の段階で想像していたものに似ていますか?修正や変更が数多くありましたか?

SWERY:
多くの部分で、最初の想像にそっくりで、また、多くの部分では最初の想像とはかけ離れています。
当初は科学捜査を使ったFBI捜査官が活躍するような、もっとアーバンでシニカルな物を作ろうとしていたのですが、紆余曲折あって田舎町を舞台にした物語へと変貌を遂げました。

しかしながら、作品の骨子となる部分は一貫して変わっていません。
特に「一つ一つの命」が大切に重要に扱われている世界を描きたいという思いは、最初から最後まで変わりませんでした。

昨今のゲームシナリオは簡単に人が死にすぎる。

また、現実世界では、亡くなった本人よりも、実は周囲の人間が味わう「死」への実感の様なものがあって、それを作品中に描いているゲームは、皆無といってもいい。

そういう意味で、本当に真正面から「死」や「別れ」に取り組んだ作品としては、想像通りの仕上がりになったと言えます。
エピローグで、グリーンベイルの町をパトカーに乗って移動する時、あなたはどのように感じましたか?それが、私の狙い通りの感情になっていることを願います。

15_02

Were you aware that Deadly Premonition would be sold as a budget title, and did that upset youat all?
格安ゲームで発売されることをご存知でしたか?また、それを知ってはどんな気分でしたか?

SWERY:
はい。価格が発表されたと同時に知りました。
そして、「なんてすばらしい事だ!!」と心から思いました。

なぜなら、私たちは少しでも多くの方々に、この作品を遊んで頂きたいと思って居ましたし、それが手に取りやすい価格で販売されるなんて!とても素敵なことだと思いませんか?

映画だって$10ちょっとで見られる時代なんです、ゲームももっと気軽に楽しめるべきです。

 
 
After seeing the release and success of Deadly Premonition, are there further plans to work with the Deadly Premonition IP?
これからは続編を作る予定ありますか?

SWERY:
ユーザーの皆さんがそれを望み、我々にチャンスを与えてくれるクライアントが現れたなら、私は心血を注いで次回作を作るでしょう。
しかし、それがSequelなのか、Prequelなのか?は、その話が現実になったときに考える事にします。

15_03

If yes to the previous, will our protagonist be able to walk and fire his weapon (haha)?
続編を作るのでしたら、主人公が歩きながら武器を使えるようにしますか?(皮肉?)

SWERY:
プレイヤーコントロールに関して、歩きながら武器を使えるようにすることは可能です。
でも、それでは普通のシューティングゲームになってしまうので、ホラーゲームでは亡くなるような気がします。

なんらかの改善を検討しますが、それが一般的な手法かどうかはお約束できません。(笑)

 
 
Deadly Premonition did pretty well for a budget title, and that was thanks to word of mouth.Some reviewers simply did not get it. What would you like to say to those reviewers?
クチコミのせいか格安ゲームとしてはかなり成功しました。でも、ある一部の評論家はゲームの意味をつかめなかったです。この方々に対しての言葉ありますか?

SWERY:
批判の声、キツイ感想は心が痛いですが、彼らに言われていることも理解出来ます。
でも、全ての人間が同じ個性では無いように、全てのゲームが同じ方向を向いている必要は無いはずです。
ですから、たまには気分を変えて、Deadly Premonitionのようなゲームにも最後までつきあってみてもらえませんか?と言いたいです。

すごく暇で、気分に余裕のあるときでかまいません。
なぜなら全てのゲームは、最後まで遊んで貰うためにこの世に生まれて来るからです。

15_04

Just what is Forrest Kaysen?!
「Forrest Kaysen」はいったいなんなんですか!?

SWERY:
少しだけわかりやすく説明すると、彼のアイデンティティとはなんでしょうか?

私は彼を「欲望の塊」という風に考えています。
「欲望」を満たすためなら手段を選びませんし、平気でウソもつきます。

その中には、「良いこと」と「悪いこと」があって、大きすぎる欲望はどちらかというと「悪いこと」に分類される傾向があります。

「悪いこと」はレッドツリーの望むことであり、彼はそういう意味で「レッドツリーの使者」なのです。

彼以外にもレッドツリーの使者は存在するかもしれませんね。
なぜなら、この世にはまだまだ「悪いこと」は、沢山存在するのですから。

 
 
今回は、インタビューの場を設けて頂きありがとうございました。
少しでも、皆さんが楽しめる事を願っております。

以上、みんな、愛してる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »