« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

GDC2011 粗品です。はい。

皆さま、こんにちは。
アクセスゲームズ、ディレクターのSWERYです。

先週に続き、GDC2011のお話です。

講演自体は3/3(木)なのですが、僕自身はすでに現地入りしています。
そう、アメリカから更新しております。

というのも、今回の渡米ではGDC講演だけでなく、現地メディアの方々へのご挨拶や、ちょっとした視察を兼ねているからなんですね。

もしかすると、何かの情報発信があるかもしれません。
せっかくのアメリカですから、120%楽しみたいと思います!!

ちなみに・・・ギリギリになりましたが、僕のセッションに参加してくださった方へお渡しする予定の粗品が届きました。

ホント粗品というだけあって、たいした物じゃありませんが、良ければ貰ってください。

2011_0225_01
 ↑
 コレです。

一応、シリアル入りで数に限りがあります。
僕のシリアルはもちろん「0065」です(笑)

2011_0225_02

そういえば、色んな方から65の意味を教えてくださいと言われるのですが・・・

・・・ううむ

・・・・・・秘密は秘密のままにしておきましょう。

 
人生には謎があるからこそ楽しめる。
そうだろう?

 
 
以上、みんな愛してる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

GDC2011 いよいよ来週です!

皆さま、こんにちは。
アクセスゲームズ、ディレクターのSWERYです。

以前のブログGDC2011にて登壇させていただくことを告知いたしましたが、そのX-dayがついに来週に迫って参りました・・・

今週に入ってからは緊張興奮で、寝付けない毎日を送っております。
プライベートで高級枕を買ったはずなのに・・・
 ※枕の件は僕のツイッターにて(http://twitter.com/swery65

 
さて、GDC講演といえば話す内容はもちろん大切ですが、その話をわかりやすくするための下準備も大切です。

1時間も1つのテーマについて話す訳なので、言葉だけではどうしても伝えきれない。
それを埋めるためのツールが無ければ、せっかく見に来てくれた方々も集中力が続かないものです。
恋人との電話でも1時間も話していたら眠くなってしまうんですから・・・ね。

そこで、僕も先人に習ってスライドを用意することにしました。

今回話す内容は「あなたのゲームシナリオが死んでいるかもしれない7つのポイント」を交えた、「愛すべきゲームデザイン論」という感じなので、それが解っていただけるスライドを準備していくつもりです。

しかし、これが一筋縄ではいかない・・・

スライドの文章を考えるだけでも大変なのはもちろん、いくつもの画像を用意する必要がある。
そうなると、とても僕一人では間に合わないので、デザイナーの手を借りることになるのですが、彼らも毎日暇な訳じゃないので、仕事の合間を縫ってお手伝いしてくれる訳です。

 
会社のためとはいえ、ホントありがたい。
こんなところでも、みんなに支えられてなんとかやっているんだなぁと、改めて実感しました。

 
2011_0224

 
で、そのスライドですが・・・
・・・実際書いてみたら30ページに膨れあがってしまっています(汗)。

60分の講演で30ページのスライド・・・1ページ2分・・・絶対に間に合わない・・・

さて、何をカットすべきだろうか?

ゲーム制作同様に、苦渋の決断が必要になりそうです。

 
 
会場に足を運んでくださる皆さんに、少しでも役立つ情報を提供できたら幸いです!

講演内容もスライドも頑張って良いものに仕上げますので、是非、コーヒー持参でお越しください!!

 
 
 
最後にリマインダとして、講演情報をもう一度書いておきます。
お時間のある方は、よろしくお願いいたします。

以上、みんな愛してる!

 
---------------
・催 事 名:GDC2011:Game Developers Conference 2011
      (第25 回ゲームデベロッパーズカンファレンス)

・講演日時:2011年3月 3日(木) 16:30~17:30

・講演場所:Moscone Center (San Francisco)
  South HALL 305号室

・講 演 名:Game Design in the Coffee.
  SWERYによる愛すべきゲームデザイン。

・講演内容:
  最悪の見た目とコントロールと言われながらも、
  奇妙で魅力あふれるキャラクターと、先の読めない複雑なシナリオは
  観客を引きつけました。
  このセッションは、Deadly Premonition(Red Seeds Profile)の
  ゲームデザイナーであるSWERYが、その独自のゲーム構築法を語ります。

  so bad it's good.と言われる奇妙なゲームは如何にして誕生したのか?
  複雑に計算されたシナリオやキャラクターはどのようなプロセスを経て
  作り上げられたのか?
  彼の言う「愛すべき無駄な要素」とは、どんなものなのか?

  あなたのゲームシナリオが死んでいるかもしれない「7つのポイント」を
  交えて、ざっくばらんにセッションを進めたいと思います。

  あまり堅くならず、ちょっとした座談会のような気持ちで
  参加してもらえればと思います。

  できれば、入れ立ての香り立つ珈琲を持参しましょう。

・公式サイト:http://www.gdconf.com/
---------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

Red Seeds Profile/Deadly Premonition 受賞状況まとめ!!

皆さま、こんにちは。
【Red Seeds Profile/Deadly Premonition】のディレクターSWERYです。

さてさて、このブログで都度ご報告させていただいております
2010年度の Red Seeds Profile/Deadly Premonitionアワード&ノミネート状況なのですが、今年も2月に入り、ようやく各メディア様から出揃った(?)感もありますので、
ここで一気にまとめてご紹介させていただきます!

 
Awardwinning

★受賞

Game Spot /"Most Surprisingly Good Game"
"BEST GAME of 2010 Readers' Choice" winner
"BEST GAME of 2010 Editors' Choice" winner
http://www.gamespot.com/best-of-2010/special-achievement/index.html

 
GAMASUTRA /"Gamasutra's Best Of 2010"
"Top 5 Cult Games" 1st
http://gamasutra.com/view/news/32126/Gamasutras_Best_Of_2010_Top_5

 
Electronic Theatre /"Top Ten Xbox 360 Exclusive Games"
8th
http://electronictheatre.co.uk/index.php/articles/weekly-features/108-sunday-special/6626-electronic-theatre-sunday-special-top-ten-xbox-360-exclusive-games

 
metro.co.uk /"Best games of the year: The GameCentral 2010 Mini-Awards"
"Best New Character" Francis York Morgan
http://www.metro.co.uk/tech/games/851156-the-gamecentral-2010-mini-awards

 
Gamecritics.com /"Brad's Top 10 of 2010"
Top 10
http://www.gamecritics.com/brad-gallaway/brads-top-10-of-2010

 
The Telegraph /"The best video games of 2010"
Top 10
http://www.telegraph.co.uk/technology/video-games/8216904/The-best-video-games-of-2010.html?utm_source=tmg&utm_medium=TD_8216904&utm_campaign=tech2412

 
Dealspwn /"BEST VIDEO GAMES 2010"
"Game of the Year" winner
http://www.dealspwn.com/game-year-jon-lester/

 
gamesradar /"The Platinum Chalice awards 2010"
"Best Worst Game" winner
http://www.gamesradar.com/f/the-platinum-chalice-awards-2010/a-2010121616912603042

 
Edge Magazine /"The Alternative Edge Awards 2010"
"MOST ALTERNATIVE EGO" Zach
http://www.next-gen.biz/features/the-alternative-edge-awards-2010

 
IGN /"2010's Most Memorable Gaming Moments"
"Fantasy Friends" winner
http://xbox360.ign.com/articles/113/1139594p1.html

 
 
 
Awardnominated

★ノミネート

G4tv.com /"X-Play Game Of The Year 2010"
"Most Original Game" 5/5
http://g4tv.com/thefeed/blog/post/709045/x-play-game-of-the-year-2010-nominees-announced.html

 
GamerNode /"Best Xbox 360 Exclusive"
5/5
http://gamernode.com/features/9978-2010-nodie-award-nominees/page24.html

 
EUROGAMER /"Eurogamer Readers' Top 50 Games of 2010"
33th/50
http://www.eurogamer.net/articles/2010-12-23-eurogamer-readers-top-50-games-of-2010-50-11-article

 
 
以上、みんな愛してる!

 
 
2011_0118_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

GDC2011 登壇させていただきます・・・恐縮です

皆さま、こんにちは。
アクセスゲームズ、ディレクターのSWERYです。

気がつけば1月ももう終わり、どんなに上手に言い訳しても正月気分ではいられない今日この頃です。
あの件やこの件で、切羽詰まった毎日を送っております。
ありがたや、ありがたや。

さて、本日ですが、たまたまブログ当番が回ってきたこととタイミングが一致しましたので告知です。

先頃、各種メディアにて情報をリリースさせていただきました僕のGDC講演についてですが、ついに日程が確定いたしました。

 

2011_0131_01_3

 

---------------
・催 事 名:GDC2011:Game Developers Conference 2011
      (第25 回ゲームデベロッパーズカンファレンス)

・講演日時:2011年3月 3日(木) 16:30~17:30

・講演場所:Moscone Center (San Francisco)
  South HALL 305号室

・講 演 名:Game Design in the Coffee.
  SWERYによる愛すべきゲームデザイン。
   講演情報:http://schedule.gdconf.com/session/12356

・講演内容:
  最悪の見た目とコントロールと言われながらも、
  奇妙で魅力あふれるキャラクターと、先の読めない複雑なシナリオは
  観客を引きつけました。
  このセッションは、Deadly Premonition(Red Seeds Profile)
  ゲームデザイナーであるSWERYが、その独自のゲーム構築法を語ります。

  so bad it's good.と言われる奇妙なゲームは如何にして誕生したのか?
  複雑に計算されたシナリオやキャラクターはどのようなプロセスを経て
  作り上げられたのか?
  彼の言う「愛すべき無駄な要素」とは、どんなものなのか?

  あなたのゲームシナリオが死んでいるかもしれない「7つのポイント」
  交えて、ざっくばらんにセッションを進めたいと思います。

  あまり堅くならず、ちょっとした座談会のような気持ちで
  参加してもらえればと思います。

  できれば、入れ立ての香り立つ珈琲を持参しましょう。

・公式サイト:http://www.gdconf.com/

---------------

となります。

多くの方々の助力によって、あれよあれよという間に決まったGDC講演ですが、実際に日程や時間が確定すると、緊張感が違います。

さて、どのくらいの方が来ていただけるのかはわかりませんが、恥ずかしくない内容にしないと駄目ですね、本当に身の引き締まる思いです。

特に会場となるのはサウスホールの305号室です。
僕の思っていたよりもず~~っと大きな部屋を用意していただいた模様。

もしも、ほとんど席が埋まらなかったらどうしよう。

ガラ~~~ンとした会場に、僕の『美声』だけがこだまする・・・

わぁぁ・・・・・・考えただけで微熱が。

 

2011_0131_02b  

 

・・・まあ、いいさ。

その時は、その時でゆっくりと珈琲でも飲んで落ち着こう。
集まってくれた一人一人とじっくり話しが出来るというものさ。

思いの丈をぶつけよう、真剣にゲーム制作について語れるなんて、ものすごく幸せで楽しそうじゃないか。

君もそう思うだろう? ザック。

 

2011_0131_03_3

2011_0131_04_3

最後に、昨年末は大型のお休みをいただきイタリア~ギリシャ旅行へ行きました。
あぁ、こういうリフレッシュもゲーム制作者の醍醐味の一つなのであります。

以上、みんな愛してる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »