2015.03.20

ファミ通本誌にSWERY記事が掲載!

ご来店ありがとうございます。

SWERYがファミ通本誌にて記事を載せて頂きました!
今回、英訳版もありますので是非ご覧くださいませ。


●インディーとオルタナティブ、そしてカルト

 インディー(あるいは映画や音楽におけるインディーズ)という単語が、しばしば“独創的”という意味を内包しているかのように使われるが、それは多分「オルタナティブ」の混同だ。「インディーでありオルタナティブである」ことが多いからといって、資本的に独立しているのがインディーであって、必ずしもオルタナティブな(メインストリームとは異なる)感性やセンスである必要はない。
 逆もまた然り。まぁ何が言いたいかというと、インディーの本来の定義からすると加賀電子グループに属するアクセスゲームズはまったくもってインディーではないが、それは同社のSWERY氏がオルタナティブであることを否定しないということだ。

 同氏が手掛けた『レッドシーズプロファイル』にしても、『D4: Dark Dreams Don't Die』にしても、「わかってしまった人」の熱狂は、普通の人にはほとんど伝わらないかもしれない。でも多分それでいいのだ。論理を超えたオルタナティブな魅力によりある種の人を惹きつけて離さない作品を、我々はしばしば“カルト”と呼ぶ。そして先週末、GDCの行われたサンフランシスコとPAX EASTの行われたボストンで、SWERY氏は間違いなく日本が生み出した新たなカルト作家として君臨していた。

続きはこちら


Thank you for your visit.

SWERY was posted on the Famitsu magazine!
This time, please have a look because there is also English version. ;-)

Indie, Alternative, and Cult

Indie... The term has come to represent “creative” pieces of work, and tends to be confused with “alternative.” There may be a lot of games that are both indie and alternative, but a game that’s “indie” is capitally independent. It doesn’t necessarily require alternative sensibilities that are separate from the mainstream.

The reverse is also true. Basically, what I’m trying to say is... Access Games, which belongs to the Kaga Electronics Group, isn’t entirely “indie,” but there’s no denying the fact that their director, SWERY, is “alternative.”

Whether you look at Deadly Premonition or D4: Dark Dreams Don’t Die, the passion of those who “get it” is almost completely indecipherable to normal people. But that’s probably how it should be. These games contain a certain alternative charm that surpasses mundane logic, and permanently snatches the hearts of a certain type of people. That’s what we call “cult.” And so, last week at GDC in San Francisco and PAX EAST in Boston, SWERY descended as one of Japan’s new cult creators.


more...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「大切なお知らせ」