« アートとは無責任な物なのだ! | トップページ | 『Deadly Premonition』ゲームオンデマンド配信決定!! »

2011.06.24

そろそろオリジナル企画を…

皆さま、いらっしゃいませ~♪
アクセスゲームズディレクターのSWERYです。

本日5回目の開店となりました『Cafe SWERY65』へようこそ。

ようやく片手が埋まる程度の更新頻度の遅さに自分でも笑ってしまいますが、
現在スケジュールを調整していまして、
今後は出来るだけ定期的に情報を更新したいなぁと。

日刊や週刊とはいきませんが、隔週程度で定期的に更新を目指します!!
スケジュールが決まったら是非、拝読お願いいたします。

Beg_pizza_smal

さて、今回はそろそろ新しいオリジナル企画をやりたいな、というお話です。

レッド・シーズ・プロファイル洋題:Deadly Premonition)」
発売されたのが2010年の3月(北米は2月)ですから、
それから実に1年3ヶ月──
今のところ新作オリジナル企画を発表することは出来ていません。

なので、そろそろオリジナル企画がやりたいんです!

しかし、我がアクセスゲームズは今のところディベロッパーですから、
ゲームを作ることがメインのスタジオです。
そして、ゲームは作るだけでは皆さんの手に届きませんので、
ちゃんと商品として発売するためには、
パブリッシャー様とタッグを組んで制作から販売のスキームを作る必要があります。

ですから、今のように僕が「オリジナルをゲーム作りたい!」と言っていても、
それだけではなかなか前に進まないのが現実なんですね。

どなたかサクっと出資していただけませんか?


きっと満足行く作品を作ります!

本当です!

めちゃくちゃ努力します!

死ぬ気で働きます!

ザ・本気で取り組みます!

あ、でも、時々は休みます…

でも、でも、でも、後悔はさせませんよ。ホントですお願い!!(笑)

Beg_berger_smal

では、オリジナルゲームを制作開始できるまでに、
我々ディベロッパーが出来る事ってどんなことなんでしょうか?

特に日本の場合を例に挙げて書いてみますが…

まず、「面白い企画を考える!」これが最初に無いと始まりません。
アクセスゲームズでは年に1回のペースで社内企画コンペを行っていますので、
そこから持ち込み企画が選ばれることも多々あります。

受諾案件と違って、オリジナル企画をやろうってんですから、
兎にも角にも、面白そう!遊んでみたい!と思えないと何も始まりませんよね。

次に「市場分析」、「想定ターゲット」「プラットフォームの選定」などでしょうか…。
先ほども書いたとおりゲームは商品ですから、
ユーザーの皆さんに遊んでいただいて初めて意味がある作品です。
なので、どんなユーザーのために、どんな物を、どうやって提供するのか?
というのはすごーく重要なことなんです。
でも、僕はこの辺はあまり得意じゃないので、
パブリッシャーの担当者様と煮詰めていくことが多いです。

いつも、多くの方に助けられている訳です。はい。

で、場合によりこの段階でパブリッシャー様と合意に至ることもあります。
そうなれば、晴れてプリプロと呼ばれるサンプル版の制作に進むことが出来るのですが、
世の中、そんなに甘くない。

多くの場合は「プレイヤブルデモ」「テクニカルデモ」を用意することになります。

特に新ハードやデバイス、新しいジャンルのゲームをプレゼンテーションするには
「企画書」だけでは限界があります。
そこで、どんなゲームなのか?を判断するためのサンプルを求められると言うわけです。
まあ、ゲームを作るための体験版と考えるとユーザーの皆さんにはわかりやすいかもしれませんね。

しかし、デモを作るためにはお金がかかりますし、
アピールするための技術力も必要になります。これは結構ハードルが高い。

そういった意味で、日本のディベロッパーでここまでのプレゼンテーションが出来る会社は限られてしまうのが実情です。
我々も頑張らねば。

Beg_sand_smal

さて、オリジナル企画をやりたい!という僕の熱い思い皆さまに届いたところで、
今日の画像です。

今回は、オリジナル企画を作るために”最初に”準備すべきものです。

それは企画書でしょうか?

プレイヤブルサンプルロムでしょうか?

はたまた優秀なスタッフでしょうか?

いえいえどれも大切ですが、違います。

答えは…

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
ジャ ジャ ジャ ジャ ~~~ン

2011_0624_01

デ ィ レ ク タ ー ズ チ ェ ア です!!!

す ば ら し い !!

何事も遊び心が大切ですよというお話でした。

さてさて、そんなこんなで今回も投稿はおしまいです。
最後に、先日ドイツのMTV「GAME ONE」さんで、レッド・シーズ・プロファイルのプレイスルーを連載していただいています。

冒頭に僕のビデオレターもありますので、是非ごらんください。

http://gameone.de/blog/2011/5/1-stunde-mit-deadly-premonition-teil-3

 

 

以上、みんな愛してる!


Time for a new and original plan...

aHi all, and welcome!
This is Swery, Director at Access Games.

Welcome to the 5th installment of "Cafe Swery65".

I can't help but laugh at the low frequency of updates,
but I'm currently busy adjusting my schedule,
and I'd really like to start updating as regularly as I can from now on.

It won’t be daily or even weekly, but I aim to update at biweekly intervals!!
I hope you’ll continue to visit us once the schedule gets hammered out.

Beg_pizza_smal

Now, today I would like to talk to you about my new plans.

"Deadly Premonition" ("Red Seeds Profile" in Japan),
was released in March 2010 (February in North America),
so 1 year and 3 months have already passed since then ?
but we have yet to announce any plans for a new and original game.

So it’s high time we started working on something new!

However, since the company I work for, Access Games,
is only a developer at this point, we focus on creating games.
But just creating games is not enough to actually bring them to your homes,
so in order to be able to release our games as an actual product,
we have to team up with a publisher and
create a scheme for the entire process from production to release.

In other words, the reality of the matter is that I can say
"I want to make a new game!" as much as I want,
but that alone is not enough to start the process.

Would anyone be ready to invest in us?

I promise I’ll make something good!

Seriously!

I’ll work real hard!

I’ll work until it kills me!

I’m gonna work harder than anyone’s ever worked before!

But, uh, I will need some rest from time to time...

But, but, but, you definitely won’t regret it. I mean it. Please!! (Haha)

Beg_berger_smal

So, what is it that we developers can do before
we can start producing an original game?

I’ll tell you how it goes in Japan...

First, "We have to think of something fun!" You have to start with that,
or it will never happen.
We have an in-house design contest at Access Games once a year,
so a lot of design ideas are taken from that.

This isn’t an accepted job; it’s us saying we want to do something original,
so we need to think of something that’ll make people go
"This is fun!" or "I want to play this!", or it will never be a success.

Next come the "market analysis" and the "estimated targets" and
"platform selection", I suppose...
Like I said before, games are products,
so they are meaningless until the players get to play them.
So some of the most important things to consider are:
who are we making the game for? What are we making? How will we provide it?
I’m not particularly good at figuring out these things,
so these matters are decided in cooperation with the people in charge of publishing.

I could never do this all on my own. No way.

Depending on the situation,
we can reach an agreement with the publisher at this point.
When that happens,
we can start moving into the production of a sample version,
known as a prepro, but that’s easier said than done.

In most cases, we need to provide a "playable demo" and a "technical demo".

Especially when it comes to presenting games for new hardware and
devices and games in new genres,
there’s only so much you can do with a "proposal".
So that’s why they ask us to provide a sample in order to determine
what kind of game it is. It’s very much like creating a demo for the users to play.

But creating a demo costs money and it also requires technical skill
in order to properly show off the game. This presents a fairly high hurdle.

In that respect, there are only very few Japanese developers
that are able to create enough of a presentation. We have to do our best too.

Beg_sand_smal

Right, now that you know that at least
I am more than willing to start a new and original project,
it’s time for today’s picture!

Today I will show you what you need "first" in order to create an original plan.

Is it a proposal?

Is it a playable sample ROM?

Or is it an outstanding staff?

No, no, all of these are important, but they’re not the correct answer.

The answer is...

.
.
.
.
.
.

Tadaaaaaaah!

2011_0624_01

A Director’s Chair!!!

Awesome!!

In other words, it’s important to keep a playful mind.

Anyway, that’s it for today’s blog post.
In closing, I’d like to tell you that MTV "GAME ONE"in Germany
has recently started posting playthrough videos of Red Seeds Profile.

There’s a video letter from me at the very beginning, so be sure not to miss it!

http://gameone.de/blog/2011/5/1-stunde-mit-deadly-premonition-teil-3

http://gameone.de/blog/2011/5/1-stunde-mit-deadly-premonition-teil-3

 

I Love you all!

|

« アートとは無責任な物なのだ! | トップページ | 『Deadly Premonition』ゲームオンデマンド配信決定!! »

コメント

Hi!

I'm a big fan of Deadly Premonition, thanks for making one of the best games for XBOX360.

I'm happy you are going to make a new game. Have you considered going to the fans for funding? Fans of your work might want to join together to fund the new game. I mean, if 2000 people put in $500 each, that's a million bucks right there.

Have a great day!
Pete

投稿: Pete | 2011.06.29 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217647/52019359

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろオリジナル企画を…:

« アートとは無責任な物なのだ! | トップページ | 『Deadly Premonition』ゲームオンデマンド配信決定!! »